読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人のデュエマ奮闘記

デュエルマスターズに関することを書いていきます

調整チーム立ち上げた話

みなさんこんばんは!タカノです!

 

今回はいつもと違う感じの記事になります。

 

身内といつも大会前の調整等しているのですが、チームとして発足した方が効率よくいろんな人を集めて色んなデッキタイプと調整できるという話になり、チームを立ち上げるという次第になりました。

 

メンバーは随時募集し、関東圏でフリーできる方は声をお掛け頂ければフリーもし、skypeツイキャスでの対戦をしていく方向性でいきたいと思います。

 

 

チーム名は…

 

 

 

「DM社畜組合」

f:id:hiro0503takano:20170312220820j:image

 

 

 

では、現在のメンバー紹介と、各人の所有しているデッキについて。

 

 

 

 

タカノ

僕です。

イメンブーゴ1枚取ったことしかないクソ雑魚ですが、形上リーダーということになります。

 

所有デッキ

緑単野菜ループ

緑単サソリス

ドロマーダンテ

赤緑NEXT

緑単ベアフガン

青白ルネッサンス

5cジャックポット

5cバスター

赤緑グロウバスター

赤白レッドゾーン

オプティマスループ

黒単ドラグナー

クローシス墓地

青黒ハンデス

赤黒ドルマゲドン

イメンブーゴ

マーシャルループ

トリコロールマンモス

 

現状持っているorカードはあるため今すぐにでも組めるデッキです。

幅広く握るものの、仕事が忙しく調整する時間がない系の人。

メンバーの中で最も残業し、最もカードに金を使う男。

最近は緑単とNEXTしか使わない。

 

 

 

サック

タカノの同期。

よく一緒に関東圏のCSに出没する。

流行りのデッキを組んでは文句をつける、典型的なDMP。

はるか昔から黒単ドラグナーを愛用しているが、速いデッキが好き。

 

所有デッキ

赤緑グロウバスター

緑単ベアフガン

黒緑速攻

黒単ドラグナー

青白ルネッサンス

 

 

 

コニー

チーム1の巨漢。

雰囲気で他を圧倒する。

非常に意識が高く、仕事終わりの筋トレとカードとアニメが生きがいの男。

青白系のトリガービートやメタビートに近いデッキを好む。

 

所有デッキ

赤黒レッドゾーン

4cデリート

青白ルネッサンス

青白ロージアダンテ

白緑GOD

 

 

 

 

ロキソニン

タカノの仕事仲間。

デュエマは復帰したばかりだが、どんなデッキを使っても上振れる、稀有な才能の持ち主。

人のデッキを借りまくるため、自身のデッキは殆どない。

 

所有デッキ

クローシス墓地

赤黒墓地

 

 

 

以上が現在のメンバーになります。

今後メンバーを募集し、様々な形でカードができればいいなと思います。

DMをもっと楽しんでいくためにも、様々な形で動いていきたいと思います。

 

DM社畜組合を応援よろしくお願いします!

ではまた!

 

赤緑サンマッドについて

みなさんこんばんは!タカノです!

 

最近寒さが和らぎながらも、天気が悪い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか!

 

 

僕はHNを変えるくらい黒単社畜ループが続いて大変辛いです!こんなのは辞めよう!

 

 

さて、今日沢山フリーをしまして、デュエマの楽しさを思い出しました!

 

皆さんがデュエマについて教えて!と言われたらなんと答えるでしょうか??

大体の人が、シールドを5枚割ってダイレクトアタックするゲームと言うでしょうか??

ルーパーの方々はまた違うことを言いそうですし、かく言う僕も最近ループばっかり使っていて、変なことを言ってしまいそうです。笑

 

今日紹介するのはそんな、正統派な盾を割り勝利するデッキです!

かなり新殿堂が効いてますがこれはこれで強いので紹介。

 

 

f:id:hiro0503takano:20170302225112j:image

 

赤緑サンマッド

 

ジャスミン4

最速モルトを可能にし、サンマッドをマナに置ける、コンセプトに合ったカード。

クリーチャーのため、サンマッドの能力を無理矢理使うこともできるため、後半もめったに腐りません。

安定した初動であり、シドも効きません。

確定と言っていいでしょう。

 

 

未来設計図3

トリガーサーチ。

新裁定でオチャッピィを無理矢理使うと言うことは難しくなりましたが強いです。

シノビは取っていないためこの枚数に落ち着きました。

 

 

コダマンマ2

上振れると最強。

下振れでもハンドを減らさない生き物が残り強い。

マナロックが入る前はよく入りましたが、今は面で攻めた方が強そうだったので採用。

今日試しましたがやっぱり相当強いです。

 

 

オチャッピィ4

現状確定枠。

バイクなどの速いデッキにはこのカードがあることを匂わせて動きを鈍らせ、打点を作って殴り切ります。

 

 

 

単騎マグナム3

フィニッシュ時には欲しい。

赤単色を増やしたくなかったため3投。

間違いのない強さ

 

 

 

ハムカツマン4

強引に打点を作れるし初動にも。

虹色なのが若干足を引っ張る場面も。

 

 

 

青銅系2

安定。

打点になる強さ

 

 

子供3

とても強い札。

バイクなどに強烈に刺さります。

自分の動きも強くなります。

子供いるときに青銅系2体出して、片方サンマッドになるだけで盾全部割れます。

 

 

サンマッド4

確定。

ベタートゥモローとナチュラルトラップ撃てるMロマ。

普段はループでばっかりお世話になってますが、このデッキでは打点兼除去で。

 

 

父なる大地3

唯一のトリガー。

打点捌いたり、メタクリどけたり、単騎と合わせて確定除去したり、エビセンしか無いときに、強制効果で選ばせてターン得たり

 

 

ボルシャックホール4

色々やるカード。

ジョンタッチャすると強いけど、基本はリュウセイ。

トップするとめっちゃ強い。

 

 

グレンモルト4

フィニッシャー、最強カード。

こいつをキャストするときは大体ゲーム終わる

 

 

 

 

めっちゃくちゃ久々に使いました!

この盾をポコポコ割って、受けのない感じが最高にデュエマ。

みなさんも是非。

 

緑単野菜ループについて(昨日の補足)

みなさんこんにちは!タカノです!

 

昨日書いた緑単野菜ループについて、全く書き足りない点が多かったため、いくつか書かせていただきます。

 まず、この緑単野菜ループは、猿ループから猿を抜いたものと考えて頂いて差し支えありません。

猿ループの方が安定感があるのは確かなのですが、スロットをより多くサーチやループパーツに割きたいと思ったのが始まりで、猿やマリニャンに枠を割かなくても問題ない(マリニャンは好み)点が好きで、最近練り続けていました。

 

こんなの思いつくなんて天才か?!とか思っていましたが、同じことを考える人は沢山いるわけで。

すでにTwitterにリストを上げたり動画を上げている方も沢山いて、さらにリストもよく似ていました。

 

めちゃくちゃ恥ずかしいです!!!!!!

 

 

他の緑単との違い…

 

他の緑単ループというと、皆さんが思い浮かべるのはなんでしょうか?

 

まず1番最初に思いつくのは、緑単サソリスですかね?

 

f:id:hiro0503takano:20170223174926j:image

 

f:id:hiro0503takano:20170223165903j:image

 

Twitterで検索して、すぐ出てきたのはこんな感じのリスト。

 

ギョギョウとスコップを合わせたロック、エウルブッカという強力トリガー、サンマッドによるビートダウン性能に、ボアロパゴスというあるだけでアドバンテージを取れる強力カードと、非常に強いですね。

 

僕も以前はサソリスを使っていましたし、今でも強いと思います。

 

このデッキに野菜ループが勝っている点は、単純にループに入るのが速い点でしょう。

ミランダがあった時は、とにかくボアロパゴスを作るのが簡単で今とは比べ物にならないくらいの速度でボアロパゴスが作れました。

さらにリュウセイを立てれたのですから、弱い訳がありません。

しかし、ループに入るためにはボアロパゴスが必須です。

現状最速でループに入る手段を失っているため、ことループという観点においては、最速4t目、割と安定して5t目にループに入れる野菜ループが勝っていると言えると思います。

 

しかしギョギョウのスペックが高いですし、ビートダウンをするにしてもサソリス側が強いです。

 

ブーストを噛ませなければ大きく速度が落ちるところはありますが、流石にサソリスは強いですね。

 

 

 

 あともう1つ、あまりメジャーでは無いですがこちらも。

それはラグマループです。

古くから存在し、そのギミックは昔のハーフデッキの頃から作り上げられていました。

 

f:id:hiro0503takano:20170223171422j:image

 

こちらもTwitterで検索してすぐ出てきたもの。

Twitterって便利。

 

こちらのデッキも、野菜ループと同じくほんとに唐突にループに入ります。

ループ方法をコピペしたものを貼ってもいいのですが、面倒なので割愛。

クリクリイガラーズでマナ回収しながら、ジュピターキングエンパイアを回して色々します。

こちらもジャックの登場により、3軽減でループできるようになりました。

 

 

このデッキに勝っている点は、ビートダウン能力の高さです。

単純に3マナクリーチャーが多く、サンマッドもある関係上ですね。

ループに関してはほぼ同等と見ていますし、ある程度スペースも作り受け札が取れる点などで、ラグマループが強かったりもします。

 

 

 

他の緑単との違いはこんなものでしょうか

猿ループは大体分かるとして、緑単では無いですが、イメンブーゴなども一応ありますがそれもここでは割愛。

 

 

それでは、簡単なループ方について。

 

この記事のためにYouTubeに動画投稿しました。

 

 

https://youtu.be/WSyOqECshE8

 

↑これです。

最後に手順ミスったとか言ってますが、普通にナックル出したりしてれば継続します。

本当に申し訳ございません。

 

最速でのループ方はこんな感じです。

ナッツを3t目に立てる必要があるとはいえ、速度はよく分かったかなぁとか思いますし、割と容易に決まります。

 

動画内でやっていないループも沢山あるので、皆さんもご自身で探してみては。

 

色んな入り方や回し方を探すのが最高に楽しいです。

おすすめ。マジで。

 

 

 

各デッキに対するプレイ

 

 

ビッグマナ系統

相手のブーストより早くループ。

他に言うことは特にありません。

 

グロウバスター

ジャック立ててオチャッピィ絡めて相手のチェンジしたクリーチャー殴り殺す。

マナ伸びてるし割と簡単にループにも入れます。

しかし勝ち筋が細すぎてゾクゾクします。

 

 

赤白バイク

相手にジャック殴り殺されると悲しい気持ちになるので、相手に走らせて、オチャッピィ投げたりしてマナ伸ばしながら一気にカードプレイします。

シノビを持っておくと本当に安心できます。

ジャックの隣にナムダエッドを置いておけると安定しますね。

 

 

NEXT

こういうデッキには大体ハートバーンしてきます。

受けるのであればシノビを1枚持っておけばなんとかなります。

シノビを持ってて、受けられそうなのであれば先にナッツ出しておくと楽になります。

 

 

緑単サソリス

相手がサンマッドでこちらのクリーチャー除去してこないことを祈ります。

多分相手は沢山打点作ってビートしてくるので、やれるなら最速ループ。

もしくはこちらもビートプラン取って勝ちます。

 

 

ハンデス

ナッツも何も立てません。

サーチして、ジャーベル立てたりアラゴトでジャーベル戻したりしながら、ハンドを減らさずにプレイし続けます。

トロトロやりながら、ある程度マナ溜まったら一気に展開してループしてもいいですし、適当にビートしても大体勝てます。

ハンド少なくてもループできるのもこのデッキのいいところですね。

 

 

 

ミラダンテ

サインロージアなら、とにかく最速でループ。

殴らずにどうにか勝ちましょう。

解体あると辛い。

 

シリンダ型ならちょっと泣きましょう。

パクリオも一応ギョウでケアできますが、相手が最速ならこちらは先行最速でループするしかありません。

辛い。

 

 

イメンブーゴ

こちらもパクリオが割ときつい。

最速でループ入ろうにも、ナッツ立てると相手もすぐイメンブーゴ出してきたりするので難しい。

ただただ悩み続けてると勝ててるのでよくわかんないです。

 

 

 

デッド

このデッキは、サソリスでも分かる通り辛いです。

盤面捌きながらの高速ビートダウンはしんどいです。

まあ環境から居なくなることを願いましょう。

 

 

 

思いつくのはこんなところでしょうか。

わざわざYouTubeに動画出したり、真面目に書きました。

皆さんも一緒に緑単練っていきましょう。

それではまた。

緑単野菜ループについて

みなさんこんばんは!タカノです!

 

最近は新殿堂発表やメモリアルパックなど、デュエマは大きな盛り上がりを見せましたね!

 

新殿堂によって、僕のデッキが6個位死んでしまいましたが、気にせず行きましょう!

 

 

 

…マナロック、大好きだったよ…

 

 

 

さて、そんな中でも環境は動き、グロウバスターや赤白バイクのような極端に早いデッキが増えたり、ロージアミラダンテや4cデリートのような遅いものの受けが強く、尚且つ高い決定力を誇るデッキが環境を占めています。

 

今までの環境を支配してきたドギラゴン剣は、最高の相棒であるイーヴィルヒートとマナロックを失い、大きく勢いを無くしていますが、リンネヴィーナスや超次元を利用して生き残ることを期待しています!

 

モルネクも、マナロック以外のカードも強いのでどうにか…

僕はモルト王入れたりしてるクソ構築なので晒すことすらできません。

 

 

 

今回は新殿堂施工後に僕が握ろうとしているデッキについてご紹介。

ここ1ヶ月ほど、これしか使っていないんじゃないかというほど、最近練り続けているデッキです。

 

 f:id:hiro0503takano:20170222232425j:image

 

緑単野菜ループ

 

トレジャーマップ4

緑のクリーチャー軸のデッキのみに許された最強カード。

このカードでチョイスするカード次第で勝敗に大きく関わります。

このカードでカードを選ぶのが下手であれば、このデッキで勝つのは非常に難しいでしょう。

 

 

ベイBジャック4

最強カード。

ループパーツです。

ごくごく稀に、オチャッピィを絡めてグロウバスターの2t目に出てきたクリーチャーを殴り殺すの面白すぎます。

このカードを1、2t目にキャストできると、大きく勝利に近付きます。

 

 

未来設計図2

初動サーチでありながら、シノビを持ってくるトリガー。

ループに全てを賭けたと言っても過言では無いデッキのため、受け札は少なくなりますが、このカード2枚とシノビ2枚採用することで、トリガー4枚体制、つまりサソリスのエウルブッカのような感覚で使えます。

エウルブッカとは違い、サーチとして単純に利用できるため腐るカードが2枚に抑えられるのが、個人的にサソリスより優れている点だと思っています。

 

 

オチャッピィ3

このようなデッキだと間違いなく入るようなカード。

サーチ後のブーストとしても、SBとしても、弱い所がほぼありません。

グロウバスターに対する細い勝ち筋を作ってくれます。

しかしこのデッキにおいてはそこまで強いカードでは無いため3投。

普通に強いんですけども…

 

ジャーベル2

クリーチャー版トレジャーマップ。

ベイBジャックがいる状態だと、実質1マナブーストも付きます。

あくまで4枚目以降のトレジャーマップのような感覚。

サンマッドが乗るのは非常に評価できます。

たまーに、ジャーベルを使ってサーチループもします。

 

 

ナムダエッド2

ブースト。

オチャッピィと違い、このカードからスタートしても仕事します。

ガードマンが非常に強く、常にタップしているベイBジャックを守ってくれます。

マナブーストループも一応できますが、ほとんどやりません。

 

 

 

フィーバーナッツ4

ループパーツ。つよわい。

最速でループする場合、大体3ターン目に出しますがほんとにつよわい。

しかし、このカードを3枚並べると勝てるためなんとも。

2体目キャストまでは簡単ですが、3体目をキャストできるかどうかで、そのプレイヤーの真価が問われます。

 

 

カブラ2

ループパーツ。

マナ回収を器用にこなします。

3マナなのがえらい。

このカードを無限にサンマッドにすることで勝ちます。

 

 

サンマッド3

ループパーツでありながら、ビートしても強い。

なぜこのカードではなく、中途半端にゴエモンキーを殿堂入りにしたのか、タカラトミーがループを潰したいのか潰したくないのか分かりません。

このカードがある限り、緑単はループをやめません。

とにかく強い。

むしろ弱い訳が無いと言うべきか。

去年の今頃は赤緑サンマッドやシータサンマッドだったりで、打点増強として使っていましたが、今はループパーツとは面白い。

 

 

 

アラゴトムスビ4

ループパーツ。

ジャックとナッツが立っていると無限にマナ増やせますし、即死ループでも使います。

このカード器用過ぎません…?

 

 

マリニャン2

このカードに頼らなくても強いのがこのデッキの強みですが、AOW作ったりするのでそこはね…

ブッカ立てるとナッツ2枚分の仕事するので、抜くに抜けません。

 

 

ゴーヤ3

最強カード。

このカードからループに入ることも少なくありません。

なんども手札と場を行き来します。

 

ギョウ1

盾落ちケア。

お前も盾に行くのは違うやろ

 

 

ライオンナックル、ララバイ1

ループパーツ。

こいつら回して勝ちます。

 

 

ライデン、ハヤブサマル1

受け札。

 

 

 

こんなものでしょうか…

僕は初めて見た時、どうやってループするか分かりませんでした。

しかし、このデッキの面白さに徐々に惹かれ、虜になってしまいました。

そんな所から入るか?!というところからループに入れるため、奇襲性もあります。

サソリスよりループ始動が早い点や、腐るカードが少ない点で差別化できています。

みなさんも握り、練ってみては!

それではまた!

 

赤黒デッゾ(ドルマゲドン)について

みなさんこんにちは!タカノです!

 

前回書いた環境考察()の記事が割と読んでいただけたようでとても嬉しいです!

ありがとうございます!

 

さて、今回はいつもの簡単なデッキ紹介を。

前回の記事にも書いた環境デッキの1つ、ドルマゲドン型の赤黒デッゾについて。

強さがピンとこない方もいらっしゃると思うので、少しでも伝えられればと思います。

 

f:id:hiro0503takano:20170125152716j:image

 

 

ブラットギア4

軽減。

最近ドルマゲドン入りのデッキが増え、パワー1000のブラッドレインなどは使い辛くなってしまった為、こちらを採用。

ヴェイダーや解体を積んでいるわけではないのですが、2ターン目から強気にキャストできるカードはやはり強力。

ドルマゲドンの効果で攻撃に参加することは出来ませんが、やはり軽減は強く、多色が多い都合上タップインが付き物のデッキなので、次のターンにタップインしてもドルーターやギャロウズをプレイできる点が非常に評価が高いです。

チャージャーと枠を争うところですが、チャージャーを使うのであれば初期のドギラゴン剣の方が強いと思ったためこちらを採用。

動き出しが速ければ速いほど今は強いです。

 

 

ルーター4

ドルマゲドン環境下なら生き物が残る勇愛の天秤。

弱いわけがありません。

 

 

 

ギャロウズ4

最速の動きを可能にするカード。

公開領域は広がりますが、封印を剥がしながら最速での動きを可能にし、4ターン目から殴りかかれます。

5cドギラゴン剣は4ターン目に大体デッドブラッキオの条件を満たしてきますが、ブラックサイコのあるデッキなので、そこまで気にしていません。

むしろ、マナが増える分次のターンの動きが厚くなると思ってプレイしています。

チャージャー型と差別化するなら、大人しくブラッドギアとこのカードかなぁと思います。

 

 

イーヴィルヒート3

最強カード。

赤黒のビートダウンデッキで、侵略か革命チェンジを使うデッキなら使わない理由がありません。

殿堂入りしろと言う人もいますが、今流行っているデッキに無理なく入り、かつ汎用性の高いカード。

デュエルマスターズの禁止制限は、使用率の高さではなく、ゲーム性の破綻を許さないと言う所から来ています。

殿堂入りの心配はほぼ無いでしょう。

思う存分使いましょう。

 

 

ブラックサイコ4

強い。

相手の盾を割ってもハンドが増えません。

こちらも入れない理由が無いですね。

 

 

ドルブロ4、バトクロスバトル4

受札。

ドルマゲドンと素晴らしいシナジーを形成してくれます。

バトクロスバトルは実質デーモンハンド。

キザムも欲しいですが、多色が重たいので今回は見送っています。

 

 

ドルハカバ3

なぜ作ってしまったのかと言うカード。

強すぎて震えます。

ハンドレスの状況に追い込まれても勝ちを拾えるのは素晴らしい。

墓地が割と増える性質上非常に強い。

ルーターのコストにしても強い。

なんだこれ。

 

 

 

 

ブラックアウト3

踏み倒しメタ。

封印も剥がれますし、サイズも大きい。

打点増強が期待できます。

 

 

 

デッドゾーン3

打点増強兼除去。

まさに黒い流星の如き速度と制圧力で相手を殴り殺します。

墓地から登場するのも非常に強く、弱い理由が無いです。

 

 

 

ブラックv2

封印は剥がれませんが、最も速く動けます。

ギャロウズから繋ぐとほとんど勝ちます。

サイコと合わせて3ハンデス

相手の意表を突けるのも面白いです。

 

 

ギャロウィン2

素晴らしい働きをします。

ドルマゲドンのスレイヤー付加と噛ませると非常に強いですね。

 

 

 

ドルマゲドン

ダメ押し。

 

 

 

こんな感じでしょうか…

強いデッキタイプなので、今後も増えるでしょう。

対策も考えながらデッキメイクしていきましょう。

 

今回はあまり書きまくる気力が無いのでこのくらいで。

ありがとうございました。

ではまた!

現環境について?(メモ的なもの)

みなさんおはようございます!タカノです!

今回は自分のためのメモのような形ですが、現環境の簡単な考察()などをしていきたいと思います。

 

 

まず、現環境でよく見かけるデッキとその特徴などをリストアップしていきます。

 

 

・5cドギラゴン剣

環境上最も母数の多いデッキタイプであるドギラゴン剣。

その中でも様々なカラーリングのデッキが数多く考案されてきましたが、最近最も多いのはこのフルカラー採用の5cの形をとった構築でしょう。

 

リンネビーナスという強力な札を獲得したことにより、単騎マグナムとラフルルを同一ターンにキャストすることによるワンショットキルは、今まで環境上に存在したデッキタイプの中でも抜群の安定感を誇ります。

 

そして、リンネビーナス採用にあたり多色の強力な札を大量に搭載。

裏切りの魔狼月下城によるハンデスや、カーネルやレインボースパーク、アルカディアスパークなどの強力な受け札を採用でき、フルカラーの特権とも言える、デッドブラッキオを搭載できるのも大きな特徴でしょう。

カーネルやデッドブラッキオを採用できる点から、プチョヘンザとのハイブリット型もよく見かけ、その効果を上げるためにトップオブロマネスクなどの強力なブーストソースも採用されるなど、5Cと言うだけあって自由度の高さもいいところです。

 

しかし、最近は各デッキ共にマッドネスを積み裏切りの魔狼月下城への対策を進めているため、魔狼月下城を切った構築もよく見られます。

 

基本的に3ターン目のブーストから動き始め、多色も多いため、今までのドギラゴン剣のデッキと比べると、速度の面で劣る所はあるとはいえ、強力なデッキタイプです。

 

 

 

モルトNEXT

 

最近更に勢力を伸ばしている、お馴染みのデッキタイプ。

今やその勢いは、ドギラゴン剣の母数を追い抜こうとしています。

5Cドギラゴン剣のデッドブラッキオを絶対的な弱点としながらも、2マナ2ブーストが期待できるメンデルスゾーン、ハンドを減らさないブーストソースであるフェアリー火の粉祭りを序盤で撃ち込み、スクランブルチェンジ等を交えながら最速で強力なドラゴンをキャストします。

これにより、5Cドギラゴン剣がデッドブラッキオを出す条件を満たす前に攻め込むことができます。

中途半端な防御力では、このデッキの生成する打点とカードパワーを止めることは難しく、今後更に勝ち続けることにもなるでしょう。

 

以前まではボルシャックドギラゴンと革命の鉄拳を採用したカウンター型が主流でしたが、新弾のドルマゲドンを採用したより前のめりな構築が主流となりつつあります。

以前は禁断解放するしかない盤面を相手に作られ、それをデッドブラッキオで除去されるという場面が目立ちましたが、それを乗り越えていくドルマゲドンを活かすことができています。

 

マナロックドラゴンや永遠のリュウセイカイザーによる強力な妨害能力も見逃せない所です。

 

 

 

赤黒ドルマゲドン

 

以前の赤黒デッドゾーンが、新弾のドルマゲドンによって構築が変わったデッキと言えます。

ドルマゲドンのカードパワーを活かす構築になっており、大量の受け札を採用し、ブラックサイコのハンデスデッドゾーンによる除去、ドルマゲドンの高い決定力で押し切るデッキです。

まだまだ新しいデッキタイプということもあり、まだテンプレというものが出来上がっておらず、チャージャーなどから繋ぐ最速の動きを目指すタイプや、ヘルボロフのようにアドバンテージを取りながら攻めるタイプなど、まだまだ模索が続いているデッキタイプです。

それでも大きな大会で勝つなど、そのスペックの高さは素晴らしいです。

新弾のドルブロやドルハカバ、今まであまり使われていなかったキザムやバトクロスバトルを採用するなど、選択肢が非常に多いですね。

 

 

 

グロウドギラゴン剣/グロウミラダンテⅻ

 

最近要注目のデッキタイプ。

所謂成長系デッキと呼ばれるデッキですが、やはりその強さは速度にあります。

最近多色の革命チェンジ持ちクリーチャーが増えたことにより安定感が増したことや、環境上位の5Cドギラゴン剣を筆頭として、速度面で有利なデッキタイプが多い点が増加の理由でしょう。

最速の動きをした場合止められるデッキタイプは限られているため、非常に強力なデッキタイプとなりうるデッキです。

しかし、最近は赤黒ドルマゲドンのブラックアウトなど、踏み倒しメタも多く見られるため、過信はできません。

その攻撃力、速度は踏み倒しによって支えられているため、踏み倒しを対策するカードがキャストされると辛いところか。

 

 

 

落城退化

 

今でもまだまだ強い退化系デッキ。

コンボ色が強いのですが、サイバーチューンを獲得したことにより、その安定性は格段に向上。

更に受け札が非常に厚いデッキなのもあり、現環境では強いデッキタイプとなるでしょう。

しかし、5Cドギラゴン剣に対するハンデスメタが多い中、主力であるデスシュテロンを切った構築や、枚数を減らした構築もよく見られます。

今後数は減ってしまうかもしれませんね。

 

 

 

赤白レッドゾーン

 

先日のCS優勝により、再び脚光を浴びたデッキタイプ。

強力な受け札をこれでもかと積み込み、ヘブンズフォースを利用した最速の攻撃は、5Cドギラゴン剣のデッドブラッキオを出させず、更に下手をすればモルトNEXTも追いつけません。

最近は勝ち星をまた増やしており、速さこそ正義という現環境を象徴するようなデッキタイプと言ってもいいかもしれません。

書いている僕も実際に使用していますが、やはり強いデッキタイプ。

レッドゾーンの高いカードパワーを実感できるデッキです。

禁断解放による防御を採用したデッキが減り、ドルマゲドンを採用したデッキが増えているため、今後の環境の動きによっては、更に勝ち星を伸ばすかもしれません。

 

 

 

デアリドギラゴン剣

 

先日のCS優勝によりまたもや母数が増えつつあるデッキタイプ。

現在は5Cドギラゴン剣が最も多いですが、赤黒ドギラゴン剣が消えた今、ドギラゴン剣を主軸としたデッキタイプでは、5Cの次に母数が多いのでは無いでしょうか

 

受け札は基本的に採用されませんが、解体人形ジェニーや、マナクライシス、マナロックドラゴンで足を引っ張り、ドギラゴン剣の高い決定力でワンショットキルを狙います。

最近CSで優勝した構築では、マナクライシスを切り、ライフプランチャージャーを4枚採用されていましたね。

 

古くから存在するデアリカラーの中速ビートダウンデッキの完成系とも言えるようなデッキタイプかもしれません。

 

 

猿ループ

 

ゴエモンキーを主軸としたループデッキ。

新弾のベイビージャックを獲得したことにより、安定性などが格段に向上。

サソリスよりも速い段階で勝ちを拾いに行ける点や安定性で上回るか。

筆者は正直しっかり把握できているわけではありませんが、今後よく見ることになるのでは無いでしょうか。

 

 

ジョバンニランデス

 

最近母数は増えたものの、あまり勝ち星が伸びない印象のある、The・害悪デッキ。

正直、最も嫌われているデッキタイプかもしれませんね。

対策を取っていないデッキは正直、回ってしまったこのデッキとは勝負になりません。

その位やっていることはエグいです。

対戦相手も、使用者も楽しく無いと言われてしまうデッキなのですが、1枚1枚のカードパワーが高く無いため、コンビ殿堂などを望む声が大きい印象。

 

しかし、最近はブーストソースが強く、ジョバンニへの回答である火の粉祭りを持っているモルトNEXTが多いこともあってか、あまり勝ち星を伸ばせていないのも事実。

かなり強いのですがね…

 

僕自身はそこまで目の敵にするほど嫌いなデッキではなく、昔は面白いデッキくらいのイメージだったこのデッキが躍進したことは地味に嬉しかったりします。

しかしそれでも、多くのプレイヤーのヘイトを集めているのは事実なので、運営側はどうにかしなければならないでしょう。

 

しかしこのデッキのおかげでループデッキが減っている所もあり、ループが環境を支配したら、多くのユーザーがまた文句を言うだけなので、調整が難しそうです。

 

 

多色刃鬼

 

環境デッキかと言われると怪しいかもしれませんが、僕の身の回りに使用者がかなり多いので。

 

ビッグマナの完成系とも言えるデッキです。

強力なブーストソースである獅子王の遺跡を中心としたマナ加速と、多色マナ武装を持ったカードを投入。

カーネルやレインボースパークなどの受け札が厚く、プチョヘンザも強力です。

最終的には刃鬼を召喚して勝つという決定力の高いデッキです。

確かに強化はされているのですが、根本的に速度面で他のデッキに劣る点を、今後どうやって乗り越えていくかが鍵となるか。

 

 

 

 

天門ループ

 

お馴染みのループデッキです。

愛好者も多く、どんな時代にも使用者がいる印象。

そんな天門ループも、ハンデスに、更にランデスもいる環境では辛いものがありました。

しかし新弾でミラクルスターを獲得。

ループパーツにもなり、ハンデスメタにもなる強力な札を獲得したことで、輝きを取り戻すことができるか。

 

しかし、ジョバンニに勝てるデッキ=ブーストの厚いデッキ=殴るデッキという図式もあり、ジョバンニや5Cバスターに速度面で有利を取るデッキには強いです。

期待が高まりますね。 

 

 

 

 

 

 

簡単にですが、分かる範囲で環境に存在するデッキをリストアップしました。ここから、勝つための条件が揃ったデッキを考えていきましょう。

 

まず、速度面。

ドギラゴン剣を主軸としたデッキと、モルトNEXTは、ドギラゴン剣なら大体4ターン、遅くとも5ターン目

モルトNEXTは大体5ターン、速いと3ターン目に5打点↑を生成してきます。

まずそれよりも速い、もしくはそれに耐えられること。

 

後はマナロックへの耐性。

速いデッキでない場合、攻撃を受けることになります。

そういったデッキは、基本的にデッキ内の文明が多いです。

モルトNEXTや、デアリドギラゴン剣が3〜4ターン目にキャストしてくるマナロックドラゴンを超えられるかどうかが鍵となります。

 

更にハンデス、もしくはランデスへの耐性。

ジョバンニランデスや、5Cドギラゴン剣のような、徹底したマナ破壊or手札破壊に対して回答を持っていること。 

それらをされても返せる、もしくはそれをさせないギミックを持っていること。

 

 

最低限これらの条件が揃ってなければなりません。

そこでチョイスすることになるのは…

 

モルトNEXT

ドギラゴン剣系統のデッキ

レッドゾーン、デッドゾーン

 

……そら環境トップになるわけですわぁ…

 

…終わり。

 

 

 

 

やはり環境上位のデッキが以前に比べると遅めのため、それらに対抗できる速いデッキが増え、更にそれを取れるデッキも増えてきています。

混沌とした環境ですが、これからもデュエマ、楽しんでいきましょう!

環境デッキとしてピックアップしていないデッキタイプがあるかもしれませんが、ご了承下さい。

 

 

まあ考察は飾りみたいなもんですね笑

また次回!では!

 

 

 

 

 

 

デアリバスターについて

皆さんこんにちは!タカノです!

 

もう1月、更に松岡修造さんが国内にいないということもあり、寒い日が続きますがお元気でしょうか??

 

最近は年末年始の仕事の忙しさを痛感しております…

 

 

 

さて、最近の環境をあまり追えていなかったのですが、カードに触る時間が少ししずつ増えたおかげで、多少ですが環境をようやく追えてきました。

 

最近は環境上位のNEXT、5Cバスター、赤黒ドルマゲドン辺りを筆頭に変わったデッキがCS上位入賞するなど、環境が混沌としていますね!

 

…ガンガンマンモスが入賞とか物凄く驚きました笑笑(凄くいい構築だなぁと思いました)

 

そんな中、今僕が使っているのはタイトルになっているデッキです。

何ヶ月も練り続けており、非常に自信のある構築です。

昨日Twitterに投稿した構築ですが、それについて解説を。

最近またCSで勝ち出しているようなのですが、マナロック殿堂説が囁かれてるということで公開とします。

f:id:hiro0503takano:20170117125759j:image

 

↑疑惑の画像

 

 

では、僕の構築です

 

f:id:hiro0503takano:20170117125823j:image

 

 

フェアリーギフト1

殿堂前から愛用のカード。

中途半端に1枚挿すのは正直どうなのかとは思ったのですが、とにかく柔軟な動きを取ってくれるカードです。

トップデックした時は流石に弱いのですが、最速の動きを可能にし、なおかつ7マナある際はイーヴィルもしくは超次元呪文からギフト解体などの動きも取れるなど、かなり汎用性が高いカードです。

1枚しか入れれないのは悲しいのですが、昔から愛用しているカードということで入れました。

なによりも緑単色のカードであり、ブースト引けない時もこちらを引ければ突っ張れるの大好きです。

 

…スクチェン出すならギフト返してください…

 

 

 

ジャスミン、フェアリーライフ各4

安定した初動。

最初はジャスミンの枠がダークライフだったのですが、多色が増え過ぎてこのデッキの流れるような2→4→6、2→4→5→6といった動きをする際にラグを作ってしまうカードになりうるというところで、結局こちらに落ち着きました。

ダークライフも強いのですが、デアリでは違いましたね。

なによりも活躍するのはリバイヴホールからリュウセイを出す時。

次のターン確定で単色のカードをマナに置けるので、マナロックを出しやすくなります。

 

そしてフェアリーライフ。ここも安定ですが理由があり、最近赤黒ドルマゲドン、赤白レッドゾーン等の打点足りなくても殴るデッキに対してはマナが伸びるのは非常に大きいです。

あと、やはり単色である点が非常に大きいでしょう。

 

 

鼓動する石版1

緑単色の2マナブーストカードがどうしてももう1枚欲しかったため採用。

少し前から使い出しましたが、やはり緑9枚目のブーストカードは凄く強いです。

今の所そこまで無いのですが、地味にパワーパンプが効く場面もあるので、相手のバスターをバスターで超えれたりします。

 

 

 

マナクライシス2

ランデス

現環境の5CバスターやNEXT、赤黒ドルマゲドンにも非常に効きます。

NEXT着地を1ターン遅らせ、ドラゴンもしくは緑のカードを潰すことができるのは非常に優秀。

5Cバスターは青白のカードが少ないのでそれを抜ければブラッキオを防いだり、単純に魔狼を遅らせたりできます。

赤黒ドルマゲドンは単純に遅いデッキで、なおかつ多色がある程度入り、赤は基本的に多少に頼ります。

そういったデッキには非常にマナクライシスが効きますね。

 

しかしながら、こちらよりも解体やライフプランチャージャーをプレイすることが多いのも事実です。

正直相手への妨害であれば解体で事足りることもあります。解体は打点にもなりますし。

ライフプランならマナを伸ばしながらハンドを減らさないので強い場面も多いです。

対してこちらは続くカードが無ければあまり強く無い札なので、採用するのは好みになってしまいます。

 

実際勝っている構築には入っていないことも多いですしね。

しかし、最近の環境では、上に書いたように強いことが多いので、僕は採用しています。

やっぱりマナクライシス→リュウセイ→マナロックは最強なので…

 

 

 

解体人形ジェニー4

このデッキで1番強いカード。

2→4の動きが非常に安定しているこのデッキでは最強のカードです。

打点になる妨害札なのもそうなのですが、黒単色なのも強く、基本的にどんなデッキにも刺さります。

まず、NEXTやバスターのような突っ張れるデッキに対しては間違いなく必要なカードになります。

コンボデッキに対しても、切るべき札を見極めれれば非常に強いです。

受けが無いこのデッキでは必須かと。

 

 

 

ライフプランチャージャー2

最強。

とてつもないアドバンテージを稼げるカードですし、マナロックがあるこのデッキでは、非常に重要な役割を持ちます。

マナロックに繋がりますし、後半引いてバスターやウララーなどの必要なパーツを持ってくることができます。

対NEXTには先行でブーストからこのカードに繋げば、相手がスクランブルチェンジを持っていなければなんとかマナロック着地が間に合います。

正直マナクライシスよりも強かったりするのですが、こちらも2枚。

今後増量する可能性も非常に高いです。

 

 

 

エンターテイナー2

こちらも非常に強力な札。

最近はドルマゲドンを採用したことで、登場時バトルする効果をもった受け札を採用するデッキが非常に多いため、そういったデッキに対しては非常に強いです。

特にバトクロスバトルしか受け札が無いタイプのNEXT相手の場合このカードも合わせてジャスキル作れればかなりチャンスがあります。

赤黒ドルマゲドンに対しても絶望的、と言えるくらい効くでしょう。

3ターン目にこのカードをプレイし、次のターン雑にワンショットを狙うということも往々にしてあるため、非常に使い勝手がよく、尚且つ強いカードです。

枚数は多数出すカードでは無い点や、多色であるため2投。

 

 

ムシャホール3

相手のメタクリーチャーを焼きながら攻勢に入れます。 もはやお馴染みの強力カードですね。

やはり狙うのはオリオティスを始め、エンターテイナーなどになるでしょう。

最近はこれらのメタクリーチャーを使用するデッキがあまり多くはありませんが、赤マナの確保としても優秀なため、やはりある程度の枚数は必要になると思います。

単純に解体の後に相手のハンドを確認してリュウセイを立てるだけで非常に強いです。

勝利のガイアールカイザーからバスターを走らせるだけで強いのはやはり魅力ですねぇ

 

 

 

バイヴホール2

こちらも文句なしに強い。

トップデックからきたら非常に強いですし、

単純に解体→リュウセイがやはり強い。

事前にジャスミンをプレイしているとハンドが減らなかったりとかなり優秀ですね。

元々はイーヴィルヒートが4でこのカードは未採用だったのですが、イーヴィルを削ってでもこのカードから得られるアドバンテージ、リュウセイの強さを考え、尚且つ黒単色である点から採用しました。

 

 

イーヴィルヒート3

もはや説明の必要のない超強力カード。

このカード1枚から、下手したらワンショットが成立するあたりやはりおかしいですね。

バイヴホールやムシャホールと比べると、多色である点や単体ではあまり強くない点などが目立ちますがそれでもバスターを持っているだけで強いカードになるのだからやはりすごいカードですよね。

バイヴホールからのガイアールカイザーと比べると、封印と山札を掘った後に回収なのが絶対にして最強の違いでしょう。

単純にバスターにチェンジし、またイーヴィルプレイというだけで物凄く強いので、もはやこのカードを入れない理由がありません。

しかし多色である点やリバイヴホールが強いということもあり3投。好みによっては4投でもいいでしょう。

 

 

 

アパッチウララー3

こちらも強力な札。

バスターからの踏み倒しは勿論ですが、単純にハンドからプレイしても強い。

最近NEXTのような受け札が少ないデッキに対するワンショット、5マナに達する前の5Cバスターに対して先にワンショットで攻勢に出るなど、非常につよい。

解体などをプレイした後6マナでこのカードからガイアールカイザーを出し、バスターにチェンジ、エンターテイナーを出すとドルマゲドンのようなデッキに対してはほぼ確実に勝利を収めることができます。

単純に破壊された時の能力も強く、更なる打点を生成できます。

 

以前あったのですが、対サソリスに対して、相手の盤面オチャッピイのみで、こちらはバスター、鬼龍院であいての盾を消してこのカードでダイレクトアタックした際にあいてはハヤブサマルをプレイし、オチャッピイでブロックしてきました。

相手は回答あった!強い!

と言っていたのですが、この場合鬼龍院効果でプリンが出て確実に勝てます。

鬼龍院との相性のよさなど、覚えておくことが多いですね。

しかし、多色である点と、最近はバスターからエンターテイナープレイが多いので3投です。

それでもブーストするデッキなので3投で事足ります。

 

 

 

マナロックドラゴン4

最強カード。

このカードが入るのが、このデッキを使う上で1番の利点と言えるでしょう。

ライフプランから繋いでも、ギフトから出しても非常に強い。

受け札の無いこのデッキでは、解体やリュウセイ、このカードで相手の動きを縛るのが非常に大切です。

バスターになれるのも非常に評価が高いですね。

 

最近、このカードが殿堂入りするという噂が立っていますね。

正直、このカードが無くなったらこのデッキは戦えないと言ってもいいです。

僕は今までずっとこのカードを使う側のプレイヤーだったので殿堂入りしてほしく無いという気持ちしかありません。

…凄く身勝手だとは思いますが。

しかし、そこはタカラトミーさんが商売としてどうするかというところで変わってくるでしょう。

今はこのカードの去就を待つばかりです。

 

 

 

ドギラゴンバスター4

スーパーエースカード。

今更書くことも特にありません。

 

 

 

 

デアリバスターについてはこんなところでしょうか…

物凄く思い入れの強いデッキで、正直話し出したら止まらないくらい好きなデッキです。

最近CSでも勝っていますし、マナロックの去就など、気になるところは非常に多いですね。

あくまで僕の構築なので参考程度にしかなりませんが、公認大会くらいならある程度プレイを詰めれば簡単に勝てます。

今度CSでも勿論握る予定です。

 

 

今回はこんなもので!凄く長くなってしまって申し訳ありません!

ではまた!