読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人のデュエマ奮闘記

デュエルマスターズに関することを書いていきます

ランデスジョリーザジョニーjoeについて

みなさんお久しぶりです!タカノです!

 

まず…明けましておめでとうございます!

相変わらずの不定期投稿にはなりますが、本年もよろしくお願い致します!

 

 

最近はなかなかカードに触れていなかったこともあり、投稿が遅れてしまいました。

申し訳ございません。

 

 

 

 

さて、Twitterにも投稿したのですが、今日は最近のお気に入りのデッキを紹介させて頂きます!

 

投稿したものとは若干リストは異なりますが、その辺も合わせて。

 

 

f:id:hiro0503takano:20170102231100j:image

 

ランデスジョリーザジョニーjoe

 

では、解説を。

 

フェアリーライフ、ジャスミン4

定番のマナ加速。

刃鬼と比較されることの多いこのデッキは、ピクシーライフの代わりにジャスミンを投入することで、若干ではありますがシドへの耐性があります。

 

 

…まあ、シドを使うデッキは減りつつありますが!!!

 

 

パクリオ4

最強のピーピングハンデス

ジョリーでの勝利を目指すデッキのため、相手の盾が増えても特に問題ありません。

先行3t目に使えると本当に強いですね。

相手の選択肢を奪う強力な札となります。

昨日投稿した時は3投でしたが、流石に増やしましたね。

 

 

マナクライシス2

最強のテンポ取りカード。

こちらも、先行で撃てた場合相当な強さです。

最近の環境がどんどん遅くなってきているので、有効な札であると判断。

僕自身が、長らくデアリバスターを使っていたのですが、このカードの強さを相当感じていたため、このデッキを組んだと言っても過言ではありません。

しかしながら、自然の枚数調整、パクリオを増やすためにも2投です。

増やしてもいいですね。

 

 

 

 吸い込む4

定番。

受け札になりながら、次のターン撃って強いカードを持ってこれます。

エクス、ジョリーによる勝ち筋を狙えます。

 

 

伝説の秘宝超動2

色合わせ、かつトリガー。

ドロソにもなりますし、現環境では、小型のクリーチャーが出ることが多いためそちらを破壊することが多いです。

実は単騎マグナムを焼くために入れてます(小声)

 

 

フェアリーホール2

サイクリカに繋げます。

刃鬼と違い、このデッキにはマナ回収の手段がほぼありません。

ジオザマンによるマナ回収を可能にし、四つ牙によるマナ加速を器用にこなします。

 

 

焦土と開拓の天変4

コンセプトカード。

このカードを使うためにこのデッキを組みました。

サイクリカに繋がり、テンポを取れます。

サイクリカで使いまわしてるだけで勝てたりしますね。

 

 

エクス1

この汎用性は、流石殿堂。

吸い込むエクスの強さは刃鬼でも証明されていますね。

マナが伸びるデッキのため、1ターンで使えるマナが20マナになるなど、非常に強い。

 

 

サイクリカ4

コンセプトカード。

このカードの汎用性を極限まで活かしましょう。

 

 

クイーンアマテラス2

こちらも汎用性の高いカード。

好きな呪文を使い墓地におけるので、サイクリカとの相性もいいです。

フェアリーホール四つ牙アマテラスフェアリーホールは犯罪ムーブと言ってもいいかもしれません。

↑の動きをして、勿論ジオザマンを出しても強いですが、キルチャブルをばら撒き、相手に殴り切りを警戒させて打点を捌くことにターンを使わせると、ジョリーの威力が上がります。

 

 

アトランティス3

受け札。強力な盤面リセット能力があります。

この色で強い受け札を探した時に真っ先に考え出たカード。

トリガーで出て、返し吸い込むジョリーで勝ちましょう。

 

 

ジョリーザジョニーjoe4

フィニッシャー。

出れば勝つって書いてる。

…と言っても、最近は簡単に勝利することは難しいです。

だからこそ、様々な手段を用いり、このカードのカードパワーを活かしましょう。

クイーンアマテラスでオールフォーワンを使うことも考えたのですが、余計な札を取りたくなかったのです。

しかしながら、今まで慢性的なフィニッシャー不足だったランデスサイクリカのフィニッシャーになり得るカードです。

まだまだ研究、調整は必要だし、甘いところは多いですが、僕はこういった形でこのカードを使っています。

 

 

 

 

今回はこんな感じでした!

非常にプレイが難しいですし、今まで前のめりに攻めるデッキばかり使っていたので、未だにプレイに慣れていません。

しかし、ランデスの強さ、ジョリーを使う楽しさは凄まじいです。

みなさんも是非!!

 

ちなみに、昨日のリストにはヒビキが入っていましたが、最近の環境ではイマイチだったため抜いています。

 

 

 

では、今回はこんなもんで!

今後も不定期ではありますが、投稿は続けていきますので、よろしくお願い致します!

ではまた!

 

 

WCCFについて

みなさんお久しぶりです!タカノです!

 

 

今日はデュエマ最新弾の発売日ということで、みなさんお楽しみのところかと思います!

 

 

さて、約1ヶ月振りの投稿となります。

 

投稿が遅れていた理由には、新弾の情報がなかなか出なかったり、2回連続でCSオポ落ちで予選敗退だったり、年末なので仕事が忙しかったりと、色々あるのですが…題名にもある、とあるカードゲームをやっていました。

 

f:id:hiro0503takano:20161216235247j:image

 

そう!WCCFです!

約15年くらい前にサービス開始したゲームです!

 

f:id:hiro0503takano:20161217000355j:image

 

こんな筐体を、ゲームセンターで見たことがありませんか?! まさにそれです!

 

デュエマ勢の方が多く見るこのブログで紹介するのは気が引けるのですが、このゲームを広めたい、そして何より、僕が大好きなこのゲームをプレイする人が増えることを願いまして、書かせて頂きます!

 

まず、このゲームは、好きなサッカー選手のカードを組み合わせて、チームを作り対戦するゲームです。

 

カードにはレアリティがあり、白(RE)、黒(SP)、キラ(種類たくさん) といった具合にレアリティが存在します。

 

勿論、大人でお金がある人は全てレアでチームを組む…と思われるのですが、ここがこのゲームの面白いところで、チームに5枚以上レアカードを入れると、チームの動きが悪くなったり、成長が遅くなったりと、様々なデメリットがあるのです!

 

そこのバランスを考えながらチームを組み、育成し、試合に勝利する…それだけで面白いんですよ!

 

深く掘り下げていくと、いくらでもお話し出来るのですが、短くまとめたいので、ここでは割愛します。

 

 

さて、実際の試合の風景なのですが、ここでの紹介用に、動画を撮影し、YouTubeの方に投稿しました!

 

 

https://youtu.be/C9wyUMWei-k

 

↑のリンクから飛べば行けるかと!

何故か音が入っていないので、イマイチ臨場感がないのですが、試合の雰囲気は伝わるかと思います!

 

僕が昔からやっているゲームで、デュエマと同じくらい好きなゲームなのです!

皆さんも一緒に蹴りましょう!!

 

 

さて…長くなってしまいましたが、今回はこのくらいで。

次回からは、またデュエマに関してダラダラと書いていくと思います。。 またWCCFについて書くかもしれませんがw

 

それではまたお会いしましょう!

 

墓地ソースについて

みなさんこんにちは!タカノです!

 

最近本当に寒くなりましたね!

昨日シャツの上にジャケット一枚で出かけて、かなりしんどかったです笑

 

さて、最近あまりデッキの紹介はしていなかったので、久しぶりにデッキの紹介を。

 

最近は墓地退化が流行っていますが、そちらにはあまり魅力を感じられず、こちらにしました。

 f:id:hiro0503takano:20161108150447j:image

クローシス墓地ソース

 

それでは、紹介を。

 

オタカラアッタカラ4

定番の墓地肥やし

黒単色がとにかく偉いです。

序盤から積極的にビートダウンして勝利するデッキなので、2ターン目にキャストできると、非常に楽になります。

 

アツト3

こちらも定番の墓地肥やし。

多色のため3枚ですが、4でもいいかもしれません。

デスゲートから出てきて、バイケンを出すこともできるため非常に柔軟な動きができます。

こちらもオタカラアッタカラと同じく、ビートダウン要員です。

 

アクアメルゲ1

制限カード

やはり強いので、アツトから1枠とっています。

このカードが出ると本当にぬるぬる動くので、頑張って引きたいですね。

 

エマージェンシータイフーン2

定番の墓地肥やし。

ハンドの質を上げてくれますが、非クリーチャーなのが怪しいところか。

盾から出てきてバイケンを出せるのが本当に強いですね。

 

タイムトリッパー4

黒の入るデッキであれば、とりあえず入るカード。

しっかり1打点になるのもそうですが、今はとにかく入れる意義の大きいカードです。

 

ストーミングシェイパー1

最強の制限カード

このデッキだと、青はドロソとバイケンなので、このカードで持っておきたいカードを持ってこれます。

対して赤と黒をしっかり墓地に送れるので、素晴らしい仕事をしてくれます。

セブコアクマンと悩んだ枠ですが、結局こちらに。

物凄いアドバンテージを取れるので、オススメです。

 

クロック4

最近は出番が減ってきたとはいえ、相変わらず最強のST。

このデッキだとデスゲートからも出るので、入れる価値が他のデッキよりも高いですね。

単色の青色なのが凄く強いです。

盾から出てきて地味に打点になるのも偉いです。

 

タマネギル2

いぶし銀的な、素晴らしい活躍をするカード。

このカードを入れるなら、本当はデスマーチを入れたかったのですが、枠の問題でそちらは不採用に。

オタカラアッタカラやアツトからチェンジして出てきて、最近多いタイムトリッパーや、ジョバンニを破壊しながら墓地を肥やしてくれます。

更に、このデッキに不足しがちな赤色を出してくれます。

 

サイバーチューン3

最近登場のスーパーカード。

このカードが登場したおかげで、このデッキを組む気になれました。

トリガーからのバイケン、手札交換に墓地肥やしと、今後こういったデッキでは必須になりそうなカードですね。

しかし、タイムトリッパーを採用するに当たり、枠の問題で3枚に。

どうにかして4枚入れたい枠です。

 

ダースレイン3

墓地肥やしと回収を兼ねるカード。

序盤に出したオタカラアッタカラとアツトが無駄無く働いてくれます。

アツト→サイバーチューン→ダースレインと繋ぐと、4t目にクロスファイアが降臨します。

 

ヴィシャスデスラー1

アタック時にピーピングハンデス

ダースレインの枠を1つ取ってでも入れたかったカードです。

このカードも素晴らしい働きをするのですが、ダースレインには及ばない感じもあります。

試験投入の枠です。

 

デスゲート3

こういったデッキでは定番のトリガー。

ここからクロックやアツトを出すと凄まじく強いです。

ドギラゴン剣に対して、横にいるサイキッククリーチャーを破壊しながら打点を稼いだりして、勝機を見出しましょう。

 

バイケン3

エマージェンシータイフーンとサイバーチューンを入れるということで、どうしても入れたくなりました。

昔からガンガンマンモスワンショットなどで使っていたのですが、最近は大流行していますね。

赤黒デッドゾーンなどのハンデスの多いデッキや、盾のエマージェンシータイフーンやサイバーチューンから飛び出してきます。

素晴らしい活躍を見せてくれますし、しっかりと生き物の2打点。

もはや入れない理由がありません。

 

クロスファイア3

パワーアタッカー100万のスーパーカード。

ボルドギから禁断解放されない限り確実に乗り越え、禁断を殴り返し、更に唐突に出てくる2打点。

本当に最強のカードだと思っています。

しかし、ボードに一体しか居れないため、3枚のみの採用に。

デュエデミーで出た方も試してみたいですが、現状はこちらに。

このカードと5000GTのためにこのデッキを組んでいます。

 

5000GT 3

いかにもな切り札。

スーパーエースカードです。

最近の環境は、このカードが出た瞬間ゲームエンドということもよくありますし、うまくいけば早期に出てきて相手を縛ってくれる上に、12000で3打点。

素晴らしいスペックです。

よくあるのですが、対戦相手に殴られてからバイケンで凌ぎ、返しのターンにクロスファイアと5000GTを並べ立てて、一気にワンショットを狙うこともできます。

イラストも含めて、本当に大好きなカードです。

少し値段は張りますが、是非とも使ってみて欲しいカードです。

 

 

 

説明は以上です。

最近は退化の方が大流行していますが、そちらはコンボ色が強すぎて、あまり好きになれませんでした。

先日参加したCSでは、かなりの数、墓地退化を使っているプレイヤーがいました。

しかし、コンボ色が強いデッキのためか、1人も決勝に残ることはありませんでした。

 

それを見る前から、受けは強いもののコンボ色の高いデッキなので、あまり魅力を感じていなかったのですが、その結果を見て、改めてこちらの方が多角的に相手を見ることができ、柔軟に、泥臭く攻めることのできるデッキだと思いました。

(完全に個人の意見です。退化を使っているプレイヤーの方、本当にすみません。)

 

最近は活躍の様子を聞くことは減りましたが、これからも沢山使っていきたいです。

いずれは、ゾンビーバーを使ったタイプなども試していきたいですね。

 

 

今回の記事はここまでで。

先日のCSから、とてもデュエマのモチベーションが高いので、これから沢山カードを触っていきたいです。

ここまで読んで下さった方、本当にありがとうございました。

では、またの機会に。

 

 

江戸前CSについて

みなさんこんばんは!タカノです!!

 

本日は、江戸前CSの方に参加してきましたので、その結果と使用デッキを書かせていただきます!

 

 

まず、今日使用したのが…

 

f:id:hiro0503takano:20161106215151j:image

 

練りに練り続けた赤黒カウンタードギラゴン剣です。

デアリと直前まで悩みましたが、結局こちらに。

優勝を目指しての参加でしたが、悔しい結果になりました。

 

戦績

3ー2予選敗退

 

1回戦

VSデアリドギラゴン剣◯

相手の方、緊張の余りか机の上に置いている手が震えていました。

緊張している人は、じゃんけんするときにとっさに手を開けずにグーを出すことが多いです。

なのでパーを出して先行。

 

試合の方は、こちらは3ターン目にジゴッチ。

相手は2ターン目にライフプランを置いてダークライフ。

ライフプランを置いてまでしたい2→4の動き、つまりマナクライシスを警戒したのですが、相手はイーヴィルセットでターンエンド。

 

返しにこちらスクランブルチェンジマナロック、マナロックで2点とジゴッチで1点。

相手、使えるマナが1マナもないため、何もせずにターンエンド。

そして、こちらはイーヴィルヒートを出して、マナロックで2点、イーヴィルヒートでそのままダイレクトアタックで勝ち。

 

対戦後に聞いたら、スクチェン4ギフト1の上振れ構築だとか。

なら、先行を取れた時点で、こちらの勝ちはほぼ決まっていましたね。

ドギラゴン剣は見えませんでしたが、無事勝利。

 

 

2回戦

VS青白ミラダンテⅫ◯

ここも相手が緊張しているようだったので、パーで先行。

相手、2ターン目にオリオティススタート。

こちら返しに鉄拳。

その返しに相手はコアクアンのお使い。

ミラダンテⅫ、ジェイルハウスロック、シドを回収。

 

その返しにこちらはジゴッチで、マナロックを回収。

そして相手、シドとオリオティスを並べてきます。

その返しにマナロックを出してマナを縛ります。

 

次に相手はエナジーライトでドローし、そのまま終了。

 

こちら、鉄拳で相手のオリオティスを破壊し、マナロックをドギラゴン剣にし、出したのはエンターテイナー。

この時、相手はかなり嫌そうな顔をしました。

盾からホーリーは出たものの、相手の盾は0に。

 

この盤面を返すには、シリンダでこちらのクリーチャーを止めながらミラダンテⅫになるしかないのですが、それはできず。

 

そのまま相手は投了し、こちらが勝ちました。

 

 

 

3回戦

VS青白サザンルネッサンス×

 

非常に熱い戦いでした。

じゃんけんは普通に勝ち、こちら先行。

相手、2ターン目にヘブンズフォースからセブコアクマン。 ルネッサンス、シャッフ、オリオティスが見えます。

 

こちらは3ターン目にジゴッチでボルドギ回収。

次に相手はソルハバキ、ドレミで並べてきます。

 

ここで、僕は相手にセブコアクマンを回させたら負ける、と判断し、セブコアクマンを鉄拳で破壊。

 

相手はソルハバキを出し、ルネッサンス

やっぱりこの動きつえーわほんと。

 

こちらはジゴッチ、ゲットを並べます。

 

そして相手は、かなりの展開を見せ、臆せずビートダウン。

盾1枚に。

 

返し、ジゴッチをボルドギに進化。

登場時とアタック時で相手のルネッサンスを破壊しきり、ドギラゴン剣にチェンジ。

 

ここで大きなプレミ。

僕はマナからアパッチウララーを出したのですが、それにより、僕はマナが6マナになってしまいました。

オリオティスを出されるということを考慮していないプレイをとってしまったのです。

 

しかしこちらは駆け抜けるために、ドギラゴン剣で3点。そしてパンツァーで2点。

 

ラストの盾がクロック。

 

そして相手は大量展開の末にオリオティスを2体プレイし、さらにルネッサンスとダイヤモンドソードもプレイしています。

そして、念には念を入れてラフルルでアタックに来ました。

 

こちらはボルドギ1枚しかハンドにありません。

ここで捲れたのはメガマグマ。

相手の場が、ルネッサンスだけになりました。

しかし、そのルネッサンスを破壊できずに、ルネッサンスのアタックで負け。

 

物凄く悔しい試合でした。

ここを取れていれば………

 

 

4回戦

VS赤黒デッドゾーン×

ついに当たった苦手対面。

こちらが先行。

こちらは、先行でコッコゲットをプレイすることで、トリッパーを対処することを目的とした構築です。

しかし3ターン目になにもプレイできず。

相手は順調にトリッパースタート。

そして、トップがコッコゲットで、そのままプレイ。

 

相手は返しに解体人形。

こちらの手札が、

メガマグマ

ボルドギ

イーヴィルヒート

 

相手は迷わずイーヴィルヒートを選択。

 

こちらはしめたと、4軽減でメガマグマ。

相手のトリッパーと解体、こちらのコッコゲットを破壊。

 

しかし、相手はとてつもない引きを見せます。

イーヴィルヒートをプレイし、デッキの上からデッドゾーン。封印からサイコ。

 

????????

 

こちらのメガマグマ、ハンドを狩ります。

 

しかし、こちらもすごく強い。

返しにイーヴィルヒートドギラゴン剣アパッチウララーリュウセイの黄金パターン。

しかし無情にも、自慢のワンショットがホーリーに阻まれます。

 

そして、相手はリバイヴホールでガイアール、サイコ2枚乗せでこちらのハンドは0。

そのままアタックが通り負け。

 

珍しく、3ターン目にカードをプレイできずにテンポを取られたのが敗因ですね。

 

これは仕方ない。

 

 

最終戦

VS4cカウンタージュビラユニバース◯

こちら後攻。

すごく面白いデッキでした。

相手は2ターン目にダークライフスタート。

こちらは3ターン目にジゴッチでマナロックを回収。

相手は返しにディメンションゲート。

ハヤブサ回収。

 

そしてこちら、スクランブルチェンジマナロック→ドギラゴン剣→ウララー→パンツァー

 

相手は身動きが取れなくなりますが、ドギラゴン剣のブレイクをハヤブサでブロック。

これでターンエンド。

 

相手は使えるマナが無いため、そのままターンエンド。

しかし、やけに余裕がありそうな表情をしていて、不気味さがありました。

こちらはエンターテイナーを出し、ドギラゴン剣で3点。

そこでデスゲートを踏み、パンツァー破壊でハヤブサマル。

詳しく覚えていないのですが、危うく止めを刺しきれないところでした。

 

 

しかし試合の後、フリーをしたのですが、このデッキ、とてつも無いポテンシャルと強さを兼ね備えていました。

普通に負けたりしました。

 

試合も、プレミしなければ勝った、と言われ、その説明を受けても、確かにそれされてたら負けてた、と素直に思えました。

 

多色メタのマナロックをメタる、とても面白いデッキでした。

ありがとうございました。

 

 

 

こんな感じに終わり、3ー2とパッとしない数字で終わってしまいました。

かなり拘りの強い構築なので勝ちたかったですが、仕方ありませんね。

次のCSでは、プレミをしないで、どうにか勝ちたいです。

 

最後に、江戸前CS運営、参加者の皆さま、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!

では、またの機会に。

 

 

 

 

準白単ミラダンテ12について

みなさんこんばんは!

タカノです!

 

最近上着を手放せないような寒さが続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

 

僕は月初に遊びすぎた影響で、懐も物凄く寒い、そんな給料日前。

 

 

そんな中、デュエデミーが発売されましたね!!

僕は金欠なのでまだ10パックほどしか買えていませんが、凄くいいパックだと思います。…が、そこまで大量購入するパックではないかなぁといった感想を、僕個人は抱いています。

 

汎用カードの欲しい方は、是非買うべきだとは思います!!

 

 

さて、話は変わって今回のデッキについて。

会社の同期と回しながら考え、Levi氏とも回しながら意見を貰い、考えた末にできました。

今度のCSで握る予定でしたが、流石に今は違うとなり、公開へ。

 

f:id:hiro0503takano:20161023193727j:image

 

準白単ミラダンテ12

 

それでは解説へ。

 

アクロパット3

新弾で登場した新たな軽減。

色を出せるし、運良く出せれば軽減出せるのも強いですね。

しかし、基本的には3ターン目からのスタートとなるデッキなので3投。

このカードからララァ→ロージアでつなぐと凄く強いです。

 

オリオティス2

強い。

しかし単色で枠も厳しかったので鬼の2投

ドローで掘れるので意外と出ます。

 

シド4

最強カード。

このカードを入れるために、無理やり青を採っています。

出せればジョバンニに対してかなり有利に動けます。

実はララァで軽減できるのをお忘れなく。

 

 

ララァ4

白のコッコルピアといった感じ。

このカードからコマンデュオが出るのに魅力を感じてこのデッキを組みました。

最近は焼かれやすい傾向ではありますが、残ればかなり強いです。

 

 

サイバーチューン4

デッキを掘り進めながら、バイケンも出る強力カード。

なんでミラミラ入ってるのに入れてるの?と思われそうですが、本来この枠にはドラゴンズサインを入れていました。

しかし、デッキを早い段階で掘れる点、バイケンを出し、相手ターン中にもワンチャンを作れる点から採用。

本当に強いです。

秋葉のトレカの洞窟のストレージコーナーに50枚くらい積まれてました。

 

 

カーネル2

盾からのカウンターを狙っての搭載。

コマンデュオから出してもめちゃくちゃな強さです。

 

 

ラフルル1

定番のエンドカード

ミラダンテと一緒に並ぶと、だいたい勝ててしまいます。

 

 

レッドローズ4

最強カード。

同期とデッキを考え始めた時に、ララァ→コマンデュオの流れるような動きの中で出せる、光の強そうな5コストのドラゴンを考え始めました。

メラルーダや、カーネルが真っ先に候補に上がる中、僕がなんとなく思いついたのがこのカードでした。

まずワンドローできるだけで強いですし、その後にシドやオリオティスなどのメタカードを出せますし、ララァを出して後続を繋げるなど、かなり柔軟な動きをします。

もちろん、ミラダンテ12にチェンジしても強いです。

 

 

バイケン3

青単色ですが搭載。

しかしサイバーチューンを入れる以上欲しかったのと、Levi氏と話し合った結果、苦手とする赤黒デッドゾーンを強く見るために必要じゃないか、という結論に。

元々シャイニーホールを採っていた枠なので、またまたミラダンテ12の成功率は変わっていません。

素で使って強いカードではないので3投。

 

コマンデュオ4

最強カード。

コマンデュオ→レッドローズ→ララァなどで繋ぐと、次のターンにレッドローズをミラダンテ12とすることでジャスキル打点を形成できるという点、ララァと相性がいいという点、横に並べることができるなど、かなり強いです。

真っ先にミラダンテ12のチェンジ元として思いついたカード。

 

ヘブンズロージア2

最強。

言うことなしです。

ネバーエンドゴリ押しで勝てることも多いですし、ボルドギを使う相手には、ネバーエンドでアタックしたいです。

 

ミラクルミラダンテ4

最強。

こいつをミラダンテ12にすると物凄い強い。

青単色が7枚あるため、若干成功率は低いですが、そこまで気になるレベルではありません。

素出しすることも多いですし、ボルドギを使う相手にはこいつでダイレクトにいったりも。

 

 

ミラダンテ12 3

今回の主役。

前まではこのカードで呪文を撃つ方に注目していたのですが、召喚を縛る能力が強すぎますね。

召喚を早い段階で縛りながら、打点を作って殴っていけば、それだけでかなり自分のペースに持ち込めます。

従来のNEX型は、柔軟な立ち回りが魅力なのですが、8枚の軽減を引けないと、ドローしかできない点、呪文メタに弱い点がありますが、こちらは軽減がない場合、メタクリーチャーを立てながら体制を整えることができます。

 

青白型は、シリンダによる防御、ドローを使いまわせる点、ジェイスによるメタカードバウンスなどがありますが、自分からの動きがあまり強くなく、展開力も低くなりがちです。

しかしこちらはとにかく横に並ぶ展開力を持っています。

コマンデュオ、レッドローズを並べることで、相手の処理を追いつかせずにミラダンテ12を出せるのが強いです。

 

 

本来CSで握る予定のデッキでしたが、赤黒デッドゾーンにイマイチ勝率がよくないこともあり、今回の公開に至りました。

 

今度のCSは僕の自信作で出ることになりそうです。

 

正直、構築済みデッキのカードを多く使いますし、アニメキャラの戦略に似ているので余り強そうに感じないと思いますが、是非お試しあれ。

 

それでは今回はこんなもんで。

お疲れ様です。

 

一昨日の大会の結果について

みなさん再びこんばんは、タカノです!

まさかの1日2回の投稿となりますが、久しぶりなので張り切っています。

 

タイトルの通り、一昨日参加してきた公認大会のレポートになります。

 

使用デッキ

f:id:hiro0503takano:20161011193902j:image

 

先ほど公開した、ドキンダムーン入り赤黒レッドゾーンを使用しました。

 

日曜日

友人4人と参加。

全体人数は詳しくは覚えてませんが、20人くらい?だったかと。

 

1回戦

赤青白NEXミラダンテ(友人)

初戦から友人と。

流行りのデッキということもあり、早速組んでいました。

 

こちら後攻で、相手はコッコルピアスタート。

こちらはトップギアスタートし、ザゼットレッドゾーンでコッコルピアを破壊しながら3点。

 

 

その返しに相手はスクチェンNEX→バルキリールピアの黄金パターンから、プチョヘンザ。

普通のバイクであれば、これでゲームエンドまであるでしょう。

しかし返しにドキンダムーンを展開。山の上から落ちた中にザマッハ。

ターボ3を回収し、トップがレッドゾーン。

アタック時にレッドゾーンターボ3でプチョヘンザを破壊して残りのシールドを割り切り。

ここでバイケンが出ていれば分からなかったですが、トリガー勇愛で捨てたのはバイケンでは無いカードだったため、返しに特に強い動きはしてこず。

最後はザブラック出して禁断解放して殴り殺し。

 

 

2回戦

青白ミラダン

またミラダンテか…と辟易していましたが、こちら先行トップギアトリッパーして、そこから雑に殴ったら勝ってました。

詳しく覚えてないくらいすんなり勝ち。

 

 

3回戦

赤白ジョバンニスコール(友人)

当たってしまった…

相手先行でレッドライダーズをチャージ。

次のターンスコールでレッドライダーズを落とし、次のターンはレッドライダーズをプレイ。

更に次にジョバンニを出し、スコール回収され蹂躙。

まったく動けずに負け。

 

強く見ていたミラダンテには綺麗に勝てましたが、ジョバンニは…

ジョバンニを焼けるし、能動的にソニックコマンドを落とせる点から、勇愛を入れる案が友人から出ましたが、ライトゲートであっけなくジョバンニを蘇生され、更に自分の動きとしてもあまり強くなかったので無しに。

難しいですね。

 

 

沢山フリーをしましたが、やはりこのデッキは速い。そこが強さだと感じました。改めて。

 

ラクドスカウンタードギラゴン剣に対して

…ボコボコ殴りながら、禁断解放を狙います。

    レッドゾーンで止めに行ってもワンチャンあります。

 

ミラダンテに対して

…ドキンダムーンを握っていればほとんど負けません。

基本的に遅く、バウンスか全タップしかないはずなので、殴ってるだけで勝てたり。

 

赤黒デッドゾーンに対して

…相手にはハンデスと墓地からも出るデッドゾーンがあります。

しかしこちらはターボ3と焼却などがあります。

先行でトリッパーを張った方が勝ちます。

残念なことに、かつてのバイクミラーと一緒。

しかし、ハンデスの分、相手の方が強いです。

 

赤白ジョバンニに対して

…先行でブラッドギアトリッパーができたら、多分ですが負けません。

悪い印象はありますが、割と相手も事故があるので、臆せず立ち向かいましょう。

 

モルネクに対して

…カウンター相手には、素直に禁断解放して殴りましょう。

モーツァルトやヴィルヘルムは割り切り。

 

墓地退化に対して

…先行後攻関係無く、トリッパーが非常に有効。

難しく考えず、殴ることです。

 

天門に対して

…お祈り。

 

5cジャクポに対して

…相手が5マナに達する前に殴りきることを意識。

しかし、相手がデブラをプチョヘンザにしてきたら、ドキンダムーンで返しましょう。

 

ドロマーに対して

…マナに置くカードとかをしっかり考えながら、ハンドと相談。

トリッパーかターボ3出せたらぐっと楽になります。

 

 

こんなところでしょうか…

最近は赤黒デッドゾーンが本当に強いですが、こちらもドキンダムーンという武器を獲得しているので、まだ頑張れそうです。

これからも練り続けていきたいですね!

 

 

今日はこんなところで。

まさかの2回投稿となりますが、お願いします。

それではまた。

 

今更ながら、赤黒バイクについて

みなさん、こんばんは!

お久しぶりのタカノです!!

 

最近は一気に冷え込み、半袖だと少し辛い季節になりましたね!

 

自分は東北出身ということもあってか、寒いのが大好きなので嬉しい限りです。笑

 

 

そんな僕は、最近デュエマのモチベーションが若干落ちていました。

 

その理由というのが……

 

f:id:hiro0503takano:20161010201514j:image

 

そうです、ペルソナ5です!

実は発売日に限定版を手に入れていたのですが、仕事が忙しくて、空いた時間にチマチマやる、という感じでした。

つまり、その分カードに触る時間が極端に減ったというわけです。

 

その影響もあり、イマイチ環境を追えていなかったのですが、追える分を追って、公認大会に出ることに。

 

 

そこで使ったのが………

 

f:id:hiro0503takano:20161010201844j:image

 

ドキンダムーン入り赤黒レッドゾーン

解説も交えながら。

 

構築は見ての通り、ドキンダムーンの為に都合11枚のソニックコマンドを投入。

踏み倒しをしてくるデッキには当然のように強く、最近多いと噂のミラダンテⅻを使ったデッキにとことん強く、赤黒剣にも速度が圧倒的に速いため、簡単に取れてしまうなど、かなり強みが多いです。

 

最近はデッドゾーンにお株を奪われがちですが、殴る方に目を向け、盾で守るデッキが少ない中で最強のターボ3も挿せる所に魅力を感じました。

 

とにかく、中速のデッキには圧倒的。

 

トップギア4、ブラッドギア1

軽減枠。

闇の枚数が欲しかったのと、トップギアがもっと欲しかったのでブラッドギアを1積んでいます。

たまに4マナで素直にターボ3を乗せることもあります。

 

タイムトリッパー4

最強カード。

先行トリッパーは犯罪ですね。

最近はマナを伸ばすデッキが少ないので、昔よりも価値があるカードに。

 

ザゼット3、ザレッド2、ザブラック4

4コスソニコマ。

攻撃の起点となります。

バイケン搭載のミラダンテにはブラックを当てると悲しい気持ちになるので、気をつけましょう。

 

ザマッハ2

枠の都合から2枚ですが、4にしたいところ。

ギア→トリッパー→マッハの動きができれば、もう勝利は目前でしょう。

やはりハンドを増やすカードは、デュエルマスターズにおいて最強ということを分からせてくれます。

 

ターボ3 3

思わずバカになってしまいそうなくらいのパワーカード。

レッドゾーン全盛期は、青黒ハンデスや黒単ヘルボロフのファンタズムクラッチがあったために、不遇ではありましたが、その時から強かったですね。

性質上ハンドが切れやすいこのデッキで、ほぼ毎ターン3ドロー。

後続がもち、封印が外れる可能性も上がり、さらにドキンダムーンとも好相性と良いところしかありません。

母数の多いカウンタードギラゴン剣、カウンターNEXTは盾で守るデッキではないので、ほぼ確実に3ドローできるのは追い風か。

ドロマーにもよく刺さるなど、弱い点が見当たりませんが、沢山引いて嬉しいカードでは無いので3投。

今後増えるかもしれません。

 

レッドゾーンZ4

盾焼却持ち。

先ほども書いたように、盾で守るデッキが減ってはいますが、単純に相手のハンドが1枚減ると考えても強いですし、僕は単純に1打点伸びるというだけで、もう強いと思います。

このカードを使うのであれば、本来ならイーヴィルヒートもしくはリバイヴホールが欲しいところなのですが、そこは仕方ないかなと。

現状4投ですが、ターボ3に枠を譲る可能性もありますね。

 

レッドゾーン4

いつ見ても変なことが書いてあるカード。

みんな感覚がおかしくなってるかもしれませんけど、去年こいつが出たところから、この超高速環境が始まったと言っても過言では無いでしょう。

全体除去持ちの3打点と、やはり強いですね。

僕はギア→トリッパー→マッハ→Z→レッドゾーンが大好きなので、Zと共に4投しています。

ならマッハも4投にしろよって話ですが、そこはまあ良いでしょう。

現状、軽減をとりあえず場に置いておこう。

そんなデッキが多い中で、こいつは間違いなく最強なのです。

やはりこいつが大好きですね。

 

ホーリー4

最強トリガー。

ミラダンテ無視して出るのが気持ち良いですね。

僕は昔のスパークガン積みの赤白バイクも好きだったのですが、当時は吸い込むクロックシャッフ等を採用した赤青バイクを愛用していました。

しかし相手に使われて1番嫌だったのは赤白のホーリーでしたね。

都合よく、最近使用率が高いので採用。

 

ドキンダムーン4

コンセプト。

このカードの為に、恥を忍んでコロコロを4冊買いました。

本屋のおっちゃんに、お兄さん、何だいこの買い方??って言われました。

あのおっちゃんはどんな感情でこんなことを言っていたのだろうか…

ともかく、このカードはすごく強いですね。

以前CSで使っている人を見て、なんとなく赤黒バイクに積んだらとてつもなく強かったので採用。

最近はどんなデッキでも踏み倒しを多用する為、本当によく刺さります。

進化でも出せてしまうので、Zが出ますし、正直SAを出せるのでその1打点で勝敗が大きく変わるバイクでは、非常に強力。

封印も簡単に剥がせるので、凄く使用感はいいです。

このカードを握れていれば、ミラダンテⅻを主軸としたデッキにはほぼ絶対負けません。

コンセプトなので4投。間違いありません。

 

 

さて、こんな感じの構築。

赤黒デッドゾーンに最近はとにかく株を奪われてしまっていますが、より攻撃に特化したこのデッキが、やはり僕は好きです。

実はついこの間まで赤黒デッドゾーンを僕自身使っていたのですが、どうしても赤黒カウンター剣を先に殴り倒したい、と感じました。

ならばバイクを使おう、という発想ですね。

最近は中速のデッキも増えていますし、こちらもワンチャンあるのではないでしょうか!!

 

という感じ。

 

無駄に長くなってしまいましたが、今日はこんなところで。

多分すぐに、このデッキで出た、公認大会の結果について書くと思います。

それではまた。