読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人のデュエマ奮闘記

デュエルマスターズに関することを書いていきます

最近考えてたデッキについて

みなさんこんばんは!タカノです!

 

最近暑さと仕事の忙しさにやられてダウンしそうですが、久しぶりにブログの方を書かせて頂きます!

 

前回の最後に、次回はループ系のデッキについて…と書いていましたが、申し訳ありません、近所のカードショップを回っても必要なカードが集まりませんでした…笑

 

 

そこで今回は、気を取り直しまして、最近考えていたドギラゴン剣の構築についてです!

 

 

 

 

赤黒チャージャー全抜きドギラゴン剣

f:id:hiro0503takano:20160714225549j:image

 

 

構築はこんな感じです!

それでは、解説していきます!

 

禁断

前回のドギラゴン剣の時にも書いた、ダメ押しの為の1枚。 この構築だとよく解放しますし、カウンターで使うこともよくあります。

 

トップギア4

チャージャーの代わり。

最近はドギラゴン剣から勇愛の天秤が抜けていて、バイクが減ったおかげか学校男を使うデッキも少ないと感じたので採用。

チャージャーと比べると打点にもなり、試してみるとめちゃくちゃ強いです。

バクアドルガンがいるため、こちらが4枚です。

 

ブラッドレイン2

こちらも役割はトップギアと同じです。

2コス初動が6枚なのは、デッキのパワーを下げたくなかったためです。

イメンのジャスミン4ライフ2みたいなものだと思って頂ければ。

 

タイムトリッパー3

一撃奪取と並ぶ初動。

初動を9枚にしたかったため3投ですが、一撃奪取を減らして4枚でもいいです。

トップギアの所でも書いたように、今はかなり場持ちがいいので、驚異的な強さを見せてくれます。

一撃奪取→このカード→イーヴィルヒート→ドギラゴン剣→ウララーの動きをすると、ドギラゴン剣のシールドブレイクで今はやりのオリオティスジャッジを踏んでも、一撃奪取とこのカードで2打点残り、相手の盾を0枚にできるという点が非常に強いです。

何よりも、先行であれば同型のチャージャーを止めれるし、赤黒デッゾも鈍らせ、最近たまに見かけるオプティマスループなどにも強いです。

 

ハヤブサマル1

もはや説明不要ですね。

強力な防御札であり、アパッチウララーと相性もよく、墓地回収も多いので、当たり前の採用。

 

 

嘘と盗みのエンターテイナー2

最近採用率の低いカード。

しかしムシャホールを採用する人が減っていて、場に残りやすい点と、一撃奪取からすぐつながるという点から採用しました。

しかし、またサソリスが流行るとなるとマリニャンにいいように使われてしまうため、この枠は単騎マグナムでもいいかもしれません。

 

イーヴィルヒート3

この構築にする強みの1枚。

一撃奪取で軽減できるので、この構築だと完全に超次元呪文の上位互換です。

封印とデッキトップからの2枚の内いずれかからハンドに加えられるのはやはり強いですね。

色事故を防ぐために、レインボーの枚数を減らしたかったので3投。

もしも嘘と盗みのエンターテイナーが単騎マグナムになるとすれば、この枠は間違いなく4です。

 

熱血龍バクアドルガン2

トップギアスタートなら、とても強い1枚。

このカードのためにトップギアを多くしています。

5コスの生き物のドラゴンを5枚にしたかったため2投。

能力はイーヴィルヒートよりも明らかに弱いですが、単色である点は優秀なので採用しました。

センスのある人は、このカードでアドを取りましょう。

 

ムシャホール2

エンターテイナーやオリオティスなどの面倒なクリーチャーを焼ける強力な呪文。

この構築だと、生き物よりも優先はし辛いですが、相手によっては必須となるので、できるだけハンドに抱えておきたいです。

何故このカードを減らしてまでこの構築にしているかというと、シャッフで分からされたからです。笑

 

バイブホール2

強力な墓地回収呪文。

ハンデスをケアしたり、ハヤブサを回収したりと強いです。

しかし、ムシャホールと同じ理由から少なめ。

スペースがあれば3投でも4投でもいいですね。

 

ジエンドオブエックス4

防御札であり、VANへの回答。

この構築だと、禁断解放によるカウンターも狙えます。

ウララーを破壊しないでどかせるのも強いですね。

トリガーは8枚にしたかったので4投。

 

共倒れの刃4

防御札。

ウララーと好相性ですね。

最近すごくよく使われているので、特に言うことはないのかなぁと思います。

トリガーを8枚にするために、こちらも4投。

 

熱血龍バトリベンジ2

めちゃくちゃなカード。

よく、同型メタだとか、使える相手が限られて弱いだとか言っている人を見ます。

しかし使ってみるとめちゃくちゃ強いです。

禁断の封印を剥がした上で相手のリュウセイを捌き、打点になる… しかもノーコストですし、強い点しかありません。

僕はどちらかというと、同型よりもトリーヴァプチョヘンザのガイアールカイザーに反応して出るのに魅力を感じて入れました。

超次元を使うデッキであれば無条件で強いですし、トップギアで軽減して素出ししても、7000除去として見て普通に強いです。

このカードをしっかり出すために、クロックの採用を見送りました。

めちゃくちゃおすすめですが、枠の問題で2。

 

アパッチウララー4

語るまでもない最強カード。

無条件で4投です。

ほんとこのカード強すぎます。笑

しかし、僕はこのカードをなかなか引けないので、後半引いて一撃奪取で軽減されている所で普通に出すことが多いです。

それでも普通に強いんだから、ドギラゴン剣で出せたらインチキだろうなぁと思ったりします。

 

ドギラゴン剣4

このデッキのエースクリーチャー。

出ればほぼ勝ちです。

序盤に一撃奪取とタイムトリッパーを並べてから、このカードを出せたらほとんど負けません。

唯一の弱点だったオリオティスジャッジも克服しています。

その動きをすると、場に一撃奪取とタイムトリッパーが残り、イーヴィルヒートかバクアドルガンが手札に帰ってきていて、次のターンほぼ確定でSAを投げることができる…どうでしょう、そう考えたら、負ける気がしないんじゃないでしょうか!!

盤面が0からでもワンショットができるのがこのデッキの強み、そう思っていましたが、場に他にもクリーチャーがいればそりゃあ強いよなぁってことです。

 

超次元

勝利シリーズ各1

パンツァー1

ガンヴィート1

ガイアールカイザー1

キルタッチャ各1

 

何故鬼龍院がいないんだ、持ってないんかという人もいるでしょう。

持っていますが入れてません。

最近はサソリスが増えているので、今後採用を検討しますが、この間までは緑単色が入っているデッキが少なかったのと、モルネク剣のカウンターをアンタッチャブルで防ぐためにこの超次元にしました。

 

 

 

さて、解説はこんなものでしょうか。

普通はチャージャーでマナを伸ばして強い動きをする…それがこのデッキの常識だとは思います。

しかし、それを打ち壊して、新しい強さを追求していきたいと思います。

そして何よりも、トップチャージャーをして、打点にもならずに凄く歯痒い思いをしたのと、最近墳墓が使われていて弱いと感じたのが1番の理由ですが…

是非おためしあれ。

 

 

今回はこれで終わりです!

また長々としたつまらない記事になってしまいましたね…

しかし!ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございます!

次回は長いこと使っている、大好きなデッキについて紹介します!

それでは皆さん、暑さに気をつけて頑張りましょう!

お疲れ様でした!!!!