読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人のデュエマ奮闘記

デュエルマスターズに関することを書いていきます

準白単ミラダンテ12について

みなさんこんばんは!

タカノです!

 

最近上着を手放せないような寒さが続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

 

僕は月初に遊びすぎた影響で、懐も物凄く寒い、そんな給料日前。

 

 

そんな中、デュエデミーが発売されましたね!!

僕は金欠なのでまだ10パックほどしか買えていませんが、凄くいいパックだと思います。…が、そこまで大量購入するパックではないかなぁといった感想を、僕個人は抱いています。

 

汎用カードの欲しい方は、是非買うべきだとは思います!!

 

 

さて、話は変わって今回のデッキについて。

会社の同期と回しながら考え、Levi氏とも回しながら意見を貰い、考えた末にできました。

今度のCSで握る予定でしたが、流石に今は違うとなり、公開へ。

 

f:id:hiro0503takano:20161023193727j:image

 

準白単ミラダンテ12

 

それでは解説へ。

 

アクロパット3

新弾で登場した新たな軽減。

色を出せるし、運良く出せれば軽減出せるのも強いですね。

しかし、基本的には3ターン目からのスタートとなるデッキなので3投。

このカードからララァ→ロージアでつなぐと凄く強いです。

 

オリオティス2

強い。

しかし単色で枠も厳しかったので鬼の2投

ドローで掘れるので意外と出ます。

 

シド4

最強カード。

このカードを入れるために、無理やり青を採っています。

出せればジョバンニに対してかなり有利に動けます。

実はララァで軽減できるのをお忘れなく。

 

 

ララァ4

白のコッコルピアといった感じ。

このカードからコマンデュオが出るのに魅力を感じてこのデッキを組みました。

最近は焼かれやすい傾向ではありますが、残ればかなり強いです。

 

 

サイバーチューン4

デッキを掘り進めながら、バイケンも出る強力カード。

なんでミラミラ入ってるのに入れてるの?と思われそうですが、本来この枠にはドラゴンズサインを入れていました。

しかし、デッキを早い段階で掘れる点、バイケンを出し、相手ターン中にもワンチャンを作れる点から採用。

本当に強いです。

秋葉のトレカの洞窟のストレージコーナーに50枚くらい積まれてました。

 

 

カーネル2

盾からのカウンターを狙っての搭載。

コマンデュオから出してもめちゃくちゃな強さです。

 

 

ラフルル1

定番のエンドカード

ミラダンテと一緒に並ぶと、だいたい勝ててしまいます。

 

 

レッドローズ4

最強カード。

同期とデッキを考え始めた時に、ララァ→コマンデュオの流れるような動きの中で出せる、光の強そうな5コストのドラゴンを考え始めました。

メラルーダや、カーネルが真っ先に候補に上がる中、僕がなんとなく思いついたのがこのカードでした。

まずワンドローできるだけで強いですし、その後にシドやオリオティスなどのメタカードを出せますし、ララァを出して後続を繋げるなど、かなり柔軟な動きをします。

もちろん、ミラダンテ12にチェンジしても強いです。

 

 

バイケン3

青単色ですが搭載。

しかしサイバーチューンを入れる以上欲しかったのと、Levi氏と話し合った結果、苦手とする赤黒デッドゾーンを強く見るために必要じゃないか、という結論に。

元々シャイニーホールを採っていた枠なので、またまたミラダンテ12の成功率は変わっていません。

素で使って強いカードではないので3投。

 

コマンデュオ4

最強カード。

コマンデュオ→レッドローズ→ララァなどで繋ぐと、次のターンにレッドローズをミラダンテ12とすることでジャスキル打点を形成できるという点、ララァと相性がいいという点、横に並べることができるなど、かなり強いです。

真っ先にミラダンテ12のチェンジ元として思いついたカード。

 

ヘブンズロージア2

最強。

言うことなしです。

ネバーエンドゴリ押しで勝てることも多いですし、ボルドギを使う相手には、ネバーエンドでアタックしたいです。

 

ミラクルミラダンテ4

最強。

こいつをミラダンテ12にすると物凄い強い。

青単色が7枚あるため、若干成功率は低いですが、そこまで気になるレベルではありません。

素出しすることも多いですし、ボルドギを使う相手にはこいつでダイレクトにいったりも。

 

 

ミラダンテ12 3

今回の主役。

前まではこのカードで呪文を撃つ方に注目していたのですが、召喚を縛る能力が強すぎますね。

召喚を早い段階で縛りながら、打点を作って殴っていけば、それだけでかなり自分のペースに持ち込めます。

従来のNEX型は、柔軟な立ち回りが魅力なのですが、8枚の軽減を引けないと、ドローしかできない点、呪文メタに弱い点がありますが、こちらは軽減がない場合、メタクリーチャーを立てながら体制を整えることができます。

 

青白型は、シリンダによる防御、ドローを使いまわせる点、ジェイスによるメタカードバウンスなどがありますが、自分からの動きがあまり強くなく、展開力も低くなりがちです。

しかしこちらはとにかく横に並ぶ展開力を持っています。

コマンデュオ、レッドローズを並べることで、相手の処理を追いつかせずにミラダンテ12を出せるのが強いです。

 

 

本来CSで握る予定のデッキでしたが、赤黒デッドゾーンにイマイチ勝率がよくないこともあり、今回の公開に至りました。

 

今度のCSは僕の自信作で出ることになりそうです。

 

正直、構築済みデッキのカードを多く使いますし、アニメキャラの戦略に似ているので余り強そうに感じないと思いますが、是非お試しあれ。

 

それでは今回はこんなもんで。

お疲れ様です。