社会人のデュエマ奮闘記

デュエルマスターズに関することを書いていきます

現環境について?(メモ的なもの)

みなさんおはようございます!タカノです!

今回は自分のためのメモのような形ですが、現環境の簡単な考察()などをしていきたいと思います。

 

 

まず、現環境でよく見かけるデッキとその特徴などをリストアップしていきます。

 

 

・5cドギラゴン剣

環境上最も母数の多いデッキタイプであるドギラゴン剣。

その中でも様々なカラーリングのデッキが数多く考案されてきましたが、最近最も多いのはこのフルカラー採用の5cの形をとった構築でしょう。

 

リンネビーナスという強力な札を獲得したことにより、単騎マグナムとラフルルを同一ターンにキャストすることによるワンショットキルは、今まで環境上に存在したデッキタイプの中でも抜群の安定感を誇ります。

 

そして、リンネビーナス採用にあたり多色の強力な札を大量に搭載。

裏切りの魔狼月下城によるハンデスや、カーネルやレインボースパーク、アルカディアスパークなどの強力な受け札を採用でき、フルカラーの特権とも言える、デッドブラッキオを搭載できるのも大きな特徴でしょう。

カーネルやデッドブラッキオを採用できる点から、プチョヘンザとのハイブリット型もよく見かけ、その効果を上げるためにトップオブロマネスクなどの強力なブーストソースも採用されるなど、5Cと言うだけあって自由度の高さもいいところです。

 

しかし、最近は各デッキ共にマッドネスを積み裏切りの魔狼月下城への対策を進めているため、魔狼月下城を切った構築もよく見られます。

 

基本的に3ターン目のブーストから動き始め、多色も多いため、今までのドギラゴン剣のデッキと比べると、速度の面で劣る所はあるとはいえ、強力なデッキタイプです。

 

 

 

モルトNEXT

 

最近更に勢力を伸ばしている、お馴染みのデッキタイプ。

今やその勢いは、ドギラゴン剣の母数を追い抜こうとしています。

5Cドギラゴン剣のデッドブラッキオを絶対的な弱点としながらも、2マナ2ブーストが期待できるメンデルスゾーン、ハンドを減らさないブーストソースであるフェアリー火の粉祭りを序盤で撃ち込み、スクランブルチェンジ等を交えながら最速で強力なドラゴンをキャストします。

これにより、5Cドギラゴン剣がデッドブラッキオを出す条件を満たす前に攻め込むことができます。

中途半端な防御力では、このデッキの生成する打点とカードパワーを止めることは難しく、今後更に勝ち続けることにもなるでしょう。

 

以前まではボルシャックドギラゴンと革命の鉄拳を採用したカウンター型が主流でしたが、新弾のドルマゲドンを採用したより前のめりな構築が主流となりつつあります。

以前は禁断解放するしかない盤面を相手に作られ、それをデッドブラッキオで除去されるという場面が目立ちましたが、それを乗り越えていくドルマゲドンを活かすことができています。

 

マナロックドラゴンや永遠のリュウセイカイザーによる強力な妨害能力も見逃せない所です。

 

 

 

赤黒ドルマゲドン

 

以前の赤黒デッドゾーンが、新弾のドルマゲドンによって構築が変わったデッキと言えます。

ドルマゲドンのカードパワーを活かす構築になっており、大量の受け札を採用し、ブラックサイコのハンデスデッドゾーンによる除去、ドルマゲドンの高い決定力で押し切るデッキです。

まだまだ新しいデッキタイプということもあり、まだテンプレというものが出来上がっておらず、チャージャーなどから繋ぐ最速の動きを目指すタイプや、ヘルボロフのようにアドバンテージを取りながら攻めるタイプなど、まだまだ模索が続いているデッキタイプです。

それでも大きな大会で勝つなど、そのスペックの高さは素晴らしいです。

新弾のドルブロやドルハカバ、今まであまり使われていなかったキザムやバトクロスバトルを採用するなど、選択肢が非常に多いですね。

 

 

 

グロウドギラゴン剣/グロウミラダンテⅻ

 

最近要注目のデッキタイプ。

所謂成長系デッキと呼ばれるデッキですが、やはりその強さは速度にあります。

最近多色の革命チェンジ持ちクリーチャーが増えたことにより安定感が増したことや、環境上位の5Cドギラゴン剣を筆頭として、速度面で有利なデッキタイプが多い点が増加の理由でしょう。

最速の動きをした場合止められるデッキタイプは限られているため、非常に強力なデッキタイプとなりうるデッキです。

しかし、最近は赤黒ドルマゲドンのブラックアウトなど、踏み倒しメタも多く見られるため、過信はできません。

その攻撃力、速度は踏み倒しによって支えられているため、踏み倒しを対策するカードがキャストされると辛いところか。

 

 

 

落城退化

 

今でもまだまだ強い退化系デッキ。

コンボ色が強いのですが、サイバーチューンを獲得したことにより、その安定性は格段に向上。

更に受け札が非常に厚いデッキなのもあり、現環境では強いデッキタイプとなるでしょう。

しかし、5Cドギラゴン剣に対するハンデスメタが多い中、主力であるデスシュテロンを切った構築や、枚数を減らした構築もよく見られます。

今後数は減ってしまうかもしれませんね。

 

 

 

赤白レッドゾーン

 

先日のCS優勝により、再び脚光を浴びたデッキタイプ。

強力な受け札をこれでもかと積み込み、ヘブンズフォースを利用した最速の攻撃は、5Cドギラゴン剣のデッドブラッキオを出させず、更に下手をすればモルトNEXTも追いつけません。

最近は勝ち星をまた増やしており、速さこそ正義という現環境を象徴するようなデッキタイプと言ってもいいかもしれません。

書いている僕も実際に使用していますが、やはり強いデッキタイプ。

レッドゾーンの高いカードパワーを実感できるデッキです。

禁断解放による防御を採用したデッキが減り、ドルマゲドンを採用したデッキが増えているため、今後の環境の動きによっては、更に勝ち星を伸ばすかもしれません。

 

 

 

デアリドギラゴン剣

 

先日のCS優勝によりまたもや母数が増えつつあるデッキタイプ。

現在は5Cドギラゴン剣が最も多いですが、赤黒ドギラゴン剣が消えた今、ドギラゴン剣を主軸としたデッキタイプでは、5Cの次に母数が多いのでは無いでしょうか

 

受け札は基本的に採用されませんが、解体人形ジェニーや、マナクライシス、マナロックドラゴンで足を引っ張り、ドギラゴン剣の高い決定力でワンショットキルを狙います。

最近CSで優勝した構築では、マナクライシスを切り、ライフプランチャージャーを4枚採用されていましたね。

 

古くから存在するデアリカラーの中速ビートダウンデッキの完成系とも言えるようなデッキタイプかもしれません。

 

 

猿ループ

 

ゴエモンキーを主軸としたループデッキ。

新弾のベイビージャックを獲得したことにより、安定性などが格段に向上。

サソリスよりも速い段階で勝ちを拾いに行ける点や安定性で上回るか。

筆者は正直しっかり把握できているわけではありませんが、今後よく見ることになるのでは無いでしょうか。

 

 

ジョバンニランデス

 

最近母数は増えたものの、あまり勝ち星が伸びない印象のある、The・害悪デッキ。

正直、最も嫌われているデッキタイプかもしれませんね。

対策を取っていないデッキは正直、回ってしまったこのデッキとは勝負になりません。

その位やっていることはエグいです。

対戦相手も、使用者も楽しく無いと言われてしまうデッキなのですが、1枚1枚のカードパワーが高く無いため、コンビ殿堂などを望む声が大きい印象。

 

しかし、最近はブーストソースが強く、ジョバンニへの回答である火の粉祭りを持っているモルトNEXTが多いこともあってか、あまり勝ち星を伸ばせていないのも事実。

かなり強いのですがね…

 

僕自身はそこまで目の敵にするほど嫌いなデッキではなく、昔は面白いデッキくらいのイメージだったこのデッキが躍進したことは地味に嬉しかったりします。

しかしそれでも、多くのプレイヤーのヘイトを集めているのは事実なので、運営側はどうにかしなければならないでしょう。

 

しかしこのデッキのおかげでループデッキが減っている所もあり、ループが環境を支配したら、多くのユーザーがまた文句を言うだけなので、調整が難しそうです。

 

 

多色刃鬼

 

環境デッキかと言われると怪しいかもしれませんが、僕の身の回りに使用者がかなり多いので。

 

ビッグマナの完成系とも言えるデッキです。

強力なブーストソースである獅子王の遺跡を中心としたマナ加速と、多色マナ武装を持ったカードを投入。

カーネルやレインボースパークなどの受け札が厚く、プチョヘンザも強力です。

最終的には刃鬼を召喚して勝つという決定力の高いデッキです。

確かに強化はされているのですが、根本的に速度面で他のデッキに劣る点を、今後どうやって乗り越えていくかが鍵となるか。

 

 

 

 

天門ループ

 

お馴染みのループデッキです。

愛好者も多く、どんな時代にも使用者がいる印象。

そんな天門ループも、ハンデスに、更にランデスもいる環境では辛いものがありました。

しかし新弾でミラクルスターを獲得。

ループパーツにもなり、ハンデスメタにもなる強力な札を獲得したことで、輝きを取り戻すことができるか。

 

しかし、ジョバンニに勝てるデッキ=ブーストの厚いデッキ=殴るデッキという図式もあり、ジョバンニや5Cバスターに速度面で有利を取るデッキには強いです。

期待が高まりますね。 

 

 

 

 

 

 

簡単にですが、分かる範囲で環境に存在するデッキをリストアップしました。ここから、勝つための条件が揃ったデッキを考えていきましょう。

 

まず、速度面。

ドギラゴン剣を主軸としたデッキと、モルトNEXTは、ドギラゴン剣なら大体4ターン、遅くとも5ターン目

モルトNEXTは大体5ターン、速いと3ターン目に5打点↑を生成してきます。

まずそれよりも速い、もしくはそれに耐えられること。

 

後はマナロックへの耐性。

速いデッキでない場合、攻撃を受けることになります。

そういったデッキは、基本的にデッキ内の文明が多いです。

モルトNEXTや、デアリドギラゴン剣が3〜4ターン目にキャストしてくるマナロックドラゴンを超えられるかどうかが鍵となります。

 

更にハンデス、もしくはランデスへの耐性。

ジョバンニランデスや、5Cドギラゴン剣のような、徹底したマナ破壊or手札破壊に対して回答を持っていること。 

それらをされても返せる、もしくはそれをさせないギミックを持っていること。

 

 

最低限これらの条件が揃ってなければなりません。

そこでチョイスすることになるのは…

 

モルトNEXT

ドギラゴン剣系統のデッキ

レッドゾーン、デッドゾーン

 

……そら環境トップになるわけですわぁ…

 

…終わり。

 

 

 

 

やはり環境上位のデッキが以前に比べると遅めのため、それらに対抗できる速いデッキが増え、更にそれを取れるデッキも増えてきています。

混沌とした環境ですが、これからもデュエマ、楽しんでいきましょう!

環境デッキとしてピックアップしていないデッキタイプがあるかもしれませんが、ご了承下さい。

 

 

まあ考察は飾りみたいなもんですね笑

また次回!では!