社会人のデュエマ奮闘記

デュエルマスターズに関することを書いていきます

赤黒デッゾ(ドルマゲドン)について

みなさんこんにちは!タカノです!

 

前回書いた環境考察()の記事が割と読んでいただけたようでとても嬉しいです!

ありがとうございます!

 

さて、今回はいつもの簡単なデッキ紹介を。

前回の記事にも書いた環境デッキの1つ、ドルマゲドン型の赤黒デッゾについて。

強さがピンとこない方もいらっしゃると思うので、少しでも伝えられればと思います。

 

f:id:hiro0503takano:20170125152716j:image

 

 

ブラットギア4

軽減。

最近ドルマゲドン入りのデッキが増え、パワー1000のブラッドレインなどは使い辛くなってしまった為、こちらを採用。

ヴェイダーや解体を積んでいるわけではないのですが、2ターン目から強気にキャストできるカードはやはり強力。

ドルマゲドンの効果で攻撃に参加することは出来ませんが、やはり軽減は強く、多色が多い都合上タップインが付き物のデッキなので、次のターンにタップインしてもドルーターやギャロウズをプレイできる点が非常に評価が高いです。

チャージャーと枠を争うところですが、チャージャーを使うのであれば初期のドギラゴン剣の方が強いと思ったためこちらを採用。

動き出しが速ければ速いほど今は強いです。

 

 

ルーター4

ドルマゲドン環境下なら生き物が残る勇愛の天秤。

弱いわけがありません。

 

 

 

ギャロウズ4

最速の動きを可能にするカード。

公開領域は広がりますが、封印を剥がしながら最速での動きを可能にし、4ターン目から殴りかかれます。

5cドギラゴン剣は4ターン目に大体デッドブラッキオの条件を満たしてきますが、ブラックサイコのあるデッキなので、そこまで気にしていません。

むしろ、マナが増える分次のターンの動きが厚くなると思ってプレイしています。

チャージャー型と差別化するなら、大人しくブラッドギアとこのカードかなぁと思います。

 

 

イーヴィルヒート3

最強カード。

赤黒のビートダウンデッキで、侵略か革命チェンジを使うデッキなら使わない理由がありません。

殿堂入りしろと言う人もいますが、今流行っているデッキに無理なく入り、かつ汎用性の高いカード。

デュエルマスターズの禁止制限は、使用率の高さではなく、ゲーム性の破綻を許さないと言う所から来ています。

殿堂入りの心配はほぼ無いでしょう。

思う存分使いましょう。

 

 

ブラックサイコ4

強い。

相手の盾を割ってもハンドが増えません。

こちらも入れない理由が無いですね。

 

 

ドルブロ4、バトクロスバトル4

受札。

ドルマゲドンと素晴らしいシナジーを形成してくれます。

バトクロスバトルは実質デーモンハンド。

キザムも欲しいですが、多色が重たいので今回は見送っています。

 

 

ドルハカバ3

なぜ作ってしまったのかと言うカード。

強すぎて震えます。

ハンドレスの状況に追い込まれても勝ちを拾えるのは素晴らしい。

墓地が割と増える性質上非常に強い。

ルーターのコストにしても強い。

なんだこれ。

 

 

 

 

ブラックアウト3

踏み倒しメタ。

封印も剥がれますし、サイズも大きい。

打点増強が期待できます。

 

 

 

デッドゾーン3

打点増強兼除去。

まさに黒い流星の如き速度と制圧力で相手を殴り殺します。

墓地から登場するのも非常に強く、弱い理由が無いです。

 

 

 

ブラックv2

封印は剥がれませんが、最も速く動けます。

ギャロウズから繋ぐとほとんど勝ちます。

サイコと合わせて3ハンデス

相手の意表を突けるのも面白いです。

 

 

ギャロウィン2

素晴らしい働きをします。

ドルマゲドンのスレイヤー付加と噛ませると非常に強いですね。

 

 

 

ドルマゲドン

ダメ押し。

 

 

 

こんな感じでしょうか…

強いデッキタイプなので、今後も増えるでしょう。

対策も考えながらデッキメイクしていきましょう。

 

今回はあまり書きまくる気力が無いのでこのくらいで。

ありがとうございました。

ではまた!