読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人のデュエマ奮闘記

デュエルマスターズに関することを書いていきます

デアリバスターについて

皆さんこんにちは!タカノです!

 

もう1月、更に松岡修造さんが国内にいないということもあり、寒い日が続きますがお元気でしょうか??

 

最近は年末年始の仕事の忙しさを痛感しております…

 

 

 

さて、最近の環境をあまり追えていなかったのですが、カードに触る時間が少ししずつ増えたおかげで、多少ですが環境をようやく追えてきました。

 

最近は環境上位のNEXT、5Cバスター、赤黒ドルマゲドン辺りを筆頭に変わったデッキがCS上位入賞するなど、環境が混沌としていますね!

 

…ガンガンマンモスが入賞とか物凄く驚きました笑笑(凄くいい構築だなぁと思いました)

 

そんな中、今僕が使っているのはタイトルになっているデッキです。

何ヶ月も練り続けており、非常に自信のある構築です。

昨日Twitterに投稿した構築ですが、それについて解説を。

最近またCSで勝ち出しているようなのですが、マナロック殿堂説が囁かれてるということで公開とします。

f:id:hiro0503takano:20170117125759j:image

 

↑疑惑の画像

 

 

では、僕の構築です

 

f:id:hiro0503takano:20170117125823j:image

 

 

フェアリーギフト1

殿堂前から愛用のカード。

中途半端に1枚挿すのは正直どうなのかとは思ったのですが、とにかく柔軟な動きを取ってくれるカードです。

トップデックした時は流石に弱いのですが、最速の動きを可能にし、なおかつ7マナある際はイーヴィルもしくは超次元呪文からギフト解体などの動きも取れるなど、かなり汎用性が高いカードです。

1枚しか入れれないのは悲しいのですが、昔から愛用しているカードということで入れました。

なによりも緑単色のカードであり、ブースト引けない時もこちらを引ければ突っ張れるの大好きです。

 

…スクチェン出すならギフト返してください…

 

 

 

ジャスミン、フェアリーライフ各4

安定した初動。

最初はジャスミンの枠がダークライフだったのですが、多色が増え過ぎてこのデッキの流れるような2→4→6、2→4→5→6といった動きをする際にラグを作ってしまうカードになりうるというところで、結局こちらに落ち着きました。

ダークライフも強いのですが、デアリでは違いましたね。

なによりも活躍するのはリバイヴホールからリュウセイを出す時。

次のターン確定で単色のカードをマナに置けるので、マナロックを出しやすくなります。

 

そしてフェアリーライフ。ここも安定ですが理由があり、最近赤黒ドルマゲドン、赤白レッドゾーン等の打点足りなくても殴るデッキに対してはマナが伸びるのは非常に大きいです。

あと、やはり単色である点が非常に大きいでしょう。

 

 

鼓動する石版1

緑単色の2マナブーストカードがどうしてももう1枚欲しかったため採用。

少し前から使い出しましたが、やはり緑9枚目のブーストカードは凄く強いです。

今の所そこまで無いのですが、地味にパワーパンプが効く場面もあるので、相手のバスターをバスターで超えれたりします。

 

 

 

マナクライシス2

ランデス

現環境の5CバスターやNEXT、赤黒ドルマゲドンにも非常に効きます。

NEXT着地を1ターン遅らせ、ドラゴンもしくは緑のカードを潰すことができるのは非常に優秀。

5Cバスターは青白のカードが少ないのでそれを抜ければブラッキオを防いだり、単純に魔狼を遅らせたりできます。

赤黒ドルマゲドンは単純に遅いデッキで、なおかつ多色がある程度入り、赤は基本的に多少に頼ります。

そういったデッキには非常にマナクライシスが効きますね。

 

しかしながら、こちらよりも解体やライフプランチャージャーをプレイすることが多いのも事実です。

正直相手への妨害であれば解体で事足りることもあります。解体は打点にもなりますし。

ライフプランならマナを伸ばしながらハンドを減らさないので強い場面も多いです。

対してこちらは続くカードが無ければあまり強く無い札なので、採用するのは好みになってしまいます。

 

実際勝っている構築には入っていないことも多いですしね。

しかし、最近の環境では、上に書いたように強いことが多いので、僕は採用しています。

やっぱりマナクライシス→リュウセイ→マナロックは最強なので…

 

 

 

解体人形ジェニー4

このデッキで1番強いカード。

2→4の動きが非常に安定しているこのデッキでは最強のカードです。

打点になる妨害札なのもそうなのですが、黒単色なのも強く、基本的にどんなデッキにも刺さります。

まず、NEXTやバスターのような突っ張れるデッキに対しては間違いなく必要なカードになります。

コンボデッキに対しても、切るべき札を見極めれれば非常に強いです。

受けが無いこのデッキでは必須かと。

 

 

 

ライフプランチャージャー2

最強。

とてつもないアドバンテージを稼げるカードですし、マナロックがあるこのデッキでは、非常に重要な役割を持ちます。

マナロックに繋がりますし、後半引いてバスターやウララーなどの必要なパーツを持ってくることができます。

対NEXTには先行でブーストからこのカードに繋げば、相手がスクランブルチェンジを持っていなければなんとかマナロック着地が間に合います。

正直マナクライシスよりも強かったりするのですが、こちらも2枚。

今後増量する可能性も非常に高いです。

 

 

 

エンターテイナー2

こちらも非常に強力な札。

最近はドルマゲドンを採用したことで、登場時バトルする効果をもった受け札を採用するデッキが非常に多いため、そういったデッキに対しては非常に強いです。

特にバトクロスバトルしか受け札が無いタイプのNEXT相手の場合このカードも合わせてジャスキル作れればかなりチャンスがあります。

赤黒ドルマゲドンに対しても絶望的、と言えるくらい効くでしょう。

3ターン目にこのカードをプレイし、次のターン雑にワンショットを狙うということも往々にしてあるため、非常に使い勝手がよく、尚且つ強いカードです。

枚数は多数出すカードでは無い点や、多色であるため2投。

 

 

ムシャホール3

相手のメタクリーチャーを焼きながら攻勢に入れます。 もはやお馴染みの強力カードですね。

やはり狙うのはオリオティスを始め、エンターテイナーなどになるでしょう。

最近はこれらのメタクリーチャーを使用するデッキがあまり多くはありませんが、赤マナの確保としても優秀なため、やはりある程度の枚数は必要になると思います。

単純に解体の後に相手のハンドを確認してリュウセイを立てるだけで非常に強いです。

勝利のガイアールカイザーからバスターを走らせるだけで強いのはやはり魅力ですねぇ

 

 

 

バイヴホール2

こちらも文句なしに強い。

トップデックからきたら非常に強いですし、

単純に解体→リュウセイがやはり強い。

事前にジャスミンをプレイしているとハンドが減らなかったりとかなり優秀ですね。

元々はイーヴィルヒートが4でこのカードは未採用だったのですが、イーヴィルを削ってでもこのカードから得られるアドバンテージ、リュウセイの強さを考え、尚且つ黒単色である点から採用しました。

 

 

イーヴィルヒート3

もはや説明の必要のない超強力カード。

このカード1枚から、下手したらワンショットが成立するあたりやはりおかしいですね。

バイヴホールやムシャホールと比べると、多色である点や単体ではあまり強くない点などが目立ちますがそれでもバスターを持っているだけで強いカードになるのだからやはりすごいカードですよね。

バイヴホールからのガイアールカイザーと比べると、封印と山札を掘った後に回収なのが絶対にして最強の違いでしょう。

単純にバスターにチェンジし、またイーヴィルプレイというだけで物凄く強いので、もはやこのカードを入れない理由がありません。

しかし多色である点やリバイヴホールが強いということもあり3投。好みによっては4投でもいいでしょう。

 

 

 

アパッチウララー3

こちらも強力な札。

バスターからの踏み倒しは勿論ですが、単純にハンドからプレイしても強い。

最近NEXTのような受け札が少ないデッキに対するワンショット、5マナに達する前の5Cバスターに対して先にワンショットで攻勢に出るなど、非常につよい。

解体などをプレイした後6マナでこのカードからガイアールカイザーを出し、バスターにチェンジ、エンターテイナーを出すとドルマゲドンのようなデッキに対してはほぼ確実に勝利を収めることができます。

単純に破壊された時の能力も強く、更なる打点を生成できます。

 

以前あったのですが、対サソリスに対して、相手の盤面オチャッピイのみで、こちらはバスター、鬼龍院であいての盾を消してこのカードでダイレクトアタックした際にあいてはハヤブサマルをプレイし、オチャッピイでブロックしてきました。

相手は回答あった!強い!

と言っていたのですが、この場合鬼龍院効果でプリンが出て確実に勝てます。

鬼龍院との相性のよさなど、覚えておくことが多いですね。

しかし、多色である点と、最近はバスターからエンターテイナープレイが多いので3投です。

それでもブーストするデッキなので3投で事足ります。

 

 

 

マナロックドラゴン4

最強カード。

このカードが入るのが、このデッキを使う上で1番の利点と言えるでしょう。

ライフプランから繋いでも、ギフトから出しても非常に強い。

受け札の無いこのデッキでは、解体やリュウセイ、このカードで相手の動きを縛るのが非常に大切です。

バスターになれるのも非常に評価が高いですね。

 

最近、このカードが殿堂入りするという噂が立っていますね。

正直、このカードが無くなったらこのデッキは戦えないと言ってもいいです。

僕は今までずっとこのカードを使う側のプレイヤーだったので殿堂入りしてほしく無いという気持ちしかありません。

…凄く身勝手だとは思いますが。

しかし、そこはタカラトミーさんが商売としてどうするかというところで変わってくるでしょう。

今はこのカードの去就を待つばかりです。

 

 

 

ドギラゴンバスター4

スーパーエースカード。

今更書くことも特にありません。

 

 

 

 

デアリバスターについてはこんなところでしょうか…

物凄く思い入れの強いデッキで、正直話し出したら止まらないくらい好きなデッキです。

最近CSでも勝っていますし、マナロックの去就など、気になるところは非常に多いですね。

あくまで僕の構築なので参考程度にしかなりませんが、公認大会くらいならある程度プレイを詰めれば簡単に勝てます。

今度CSでも勿論握る予定です。

 

 

今回はこんなもので!凄く長くなってしまって申し訳ありません!

ではまた!